【シンプルイズベスト】仮想通貨両替アプリEvercoinの使い方

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

巷ではチェンジリー(Changelly)が密かに流行りだしています。
これはいわゆる暗号通貨の両替サイトで、手軽に手持ちのコインを別のコインに変換できるサービスを提供しています。

【夢のような機能】仮想通貨交換所Changelly(チェンジリー)の使い方
今回は仮想通貨の交換所「Changelly」(チェンジリー)の内容と使い方を解説していきます。 今までこういった交換所の存在を知らなかった...

普通の取引所とは違ってあくまでただの両替に使うサイトのため、細かい売りや買いの指定はできませんが、単純に別のコインが欲しい場合や、わざわざ新しくマイナーな交換所を時間をかけて開設せずとも、そういったところを使えば、交換を開始して大体数十分でほしいコインを手に入れることができます。

また、ほんとうにただの両替所のため、わざわざ一度入金してサイト側にお金を置いておく必要もなく、直接ウォレットからウォレットに通貨を変換移動することができるため、両替所のハッキングによる被害を受ける可能性は極めて低いことが特徴です。

ただ、このチェンジリー(Changelly)は確かに交換所としては使いやすいですが、PC環境での使用を想定しているため、スマホでこのサイトを開くと画面がどうしても小さくなり、使いにくい気がしますね。

他の同じサービスを提供しているサイトも、いずれもPC環境下での使用を想定していますが、そんな中でアメリカのベンチャーによる両替所Evercoin(エバーコイン)はスマートフォンに合わせたUIデザインを組み込んだサイトを提供しています。

下の画像は同じスマホで起動したChangellyとEvercoinです。
Evercoinの方は勝手にスマホ画面に合わせて操作画面が変化します。

比べてみると、Evercoinの方は非常にシンプルな作りになっているのがわかります。

更にこのサイトは、ネット以外の方法として専用のアプリサイトの提供もしています。
ちゃんと国内のAppとして使用でき、アンドロイド、iOS両方に対応しています。

スポンサーリンク

コイン両替所Evercoinの内容

公式サイト:Evercoin
開発:アメリカ(カリフォルニア)
開発者:Talip Ozturk、Miko Matsumura

開発者の一人Talip Ozturk氏は、金融サービス会社で使用されているオープンソースのインメモリ分散データベースであるHazelcastの創始者だそうです。
海外では結構有名らしいですね。

このEvercoin(エバーコイン)はその人が開発したシリコンバレーを基盤とするベンチャーの1つです。
すでに一年以上前から稼働していましたが、まだ日本ではほとんど知られていないみたいです。

取扱通貨は以下の通り。
bitcoinやイーサリアム、Rippleなど、主力通貨はだいたい扱っているようですね。

手数料に関しては細かく記載されていないんですが、実際に調べて比較していみるとコインにもよりますが、だいたい0.8%程度になっていました。

他の安い取引所に比べると割高ですが、他の販売所や成行取引に比べるとかなりお得な気がします。

ちなみにここの両替は、最初に表示されている変換後の数値をそのまま最終的に受け取ることができるようです。
最初から手数料を割り引いて表示しているということですね。

コイン両替所Evercoinの使用方法

使い方はかなりシンプルに洗練されています。

びっくりするくらいシンプルです。

ここではPC版で使い方を説明しますが、基本的にアプリもPC版もほぼ同じです。

公式サイトevercoin.comへ入ると以下のような画面が出てきます。
アプリ版では縦に並んで表示されるはずです。

左に交換前、右に交換後の通貨を選択して入れて、数量を入力。
GET STARTEDをクリックすると、そのままプルダウンでアドレスを入れる画面が出現します。

左は問題があったときのための返金用アドレス、右は交換後のコインを受け取るためのアドレスを入れます。
アドレスを入れたらEXCHANGE(交換)をクリック。

次に表示されるアドレスに向けて、交換前のコインを入れれば、あとは待つだけです。
※中央に小さく制限時間が表示されていますが、これは手続きにかかる時間を10分に制限しています。

画面は勝手に送金を反映して、下の手順がAWAITINGがALL DONEまで進んだら問題なく交換が完了します。

数千円程度を交換してみましたが、だいたい交換にかかる時間は5分もかからない程度です。
作成されたアドレスに向けてコインを送ったら即座にサイトが反応したので、両替スピードはかなり早いと思います。

忘れがちな点としては、この取引の履歴です。
サイトがあまりにシンプルなため、アカウントという概念すらないので交換後は画面右上のBOOKMARKボタンからサイトのURLを保管しておく必要があるみたいです。使いやすいだけに、この辺は惜しいですね。

Evercoinのデメリットは

デメリットとしては以下の点が気になりました。
・送金料の制限
・取引履歴の保存方法

とはいえ、どちらも大した問題ではなさそうですが、一応挙げときます。

最初、手数料に関して正直絶対に高いだろうと思っていたんですが、実際に使ってみると、想定外に安いことがわかりました。
なので、手数料の高さはそれほど気にすることでもないです。

送金料の制限にかんしては、一度に交換する通貨の量はだいたい0.5BTC程度(2018年5月時点)に限定されます。

その為大量に通貨をやり取りするためにここを使うのは望ましくありません。

もともとこういった両替所は取引所とは用途が違うため、短期投資を目的とするなら他の普通の取引所を利用すべきでしょう。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク