Litecoinのハードフォーク(?)で誕生したライトコインキャッシュ(LCC)とは?

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018年2月19日に行われるハードフォーク(?)により、Litecoin(ライトコイン)からLitecoin Cash(ライトコインキャッシュ:LCC)が誕生します。

今までにもビットコインを中心に数多くのフォークが誕生していますが、その幾つかは詐欺でした。

今回の件では、すでにライトコイン本家の開発者Charlie Lee氏より詐欺であるとの見方を示しています。

文章では「Litecoinチームと私はLitecoinをフォークしていません。」とはっきり書かれています。

少なくとも詐欺であるかどうかはともかく、本家がフォークしていないと断言している時点で、これは名前を利用した「ただの草コイン」であると言えます。

また、国内、海外のメディアなどはほぼほぼこのプロジェクトを信頼していないように思えます。

なお、ライトコインキャッシュ公式ではCharlie LeeやLitecoinチームとは関連していないと言いつつも、ライトコインからフォークしたことをはっきり述べています。

スポンサーリンク

Litecoin Cashの基本情報

Litecoin Cash(LCC)
リリース:2018年2月19日
総発行枚数:840,000,000LCH
アルゴリズム:SHA256
認証時間:2.5M

Segwitをサポート
DarkGravity V3アルゴリズム(DASHで使われているもの)採用
公式サイト:litecoinca.sh/

開発者の説明がふわっとしていて、学生が書いた履歴書の自己PRみたいな感じになっています笑

取り扱いする取引所はYoBit.netやTRADESATOSHIなどのマイナーな場所が中心ですね。

ライトコインキャッシュとライトコインの違い

一番の違いはマイニングに関連するアルゴリズムの違いです。
SHA256は従来のビットコインで使われているもので、古いビットコイン採掘機を使ってLCCをマイニングできます。

旧式のマイニング装置を再利用できるということです。

話がそれますが、「Litecoin Cash」で検索すると、同名のプロジェクトが他にもあります。
それは日本語対応なのになぜか英語未対応という完全に怪しさ満載のサイトです(ここにはリンクは貼りません)。
怖いなー・・・。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク