MyEtherWalletで所持しているERC20準拠トークンを表示させる方法

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

「MyEtherWallet」は、Ethereum(イーサリアム)の専用ウォレットのことです。
他にもいろいろとウォレットはあるんですけど、個人的にはこれが一番使いやすいって思ってます。

基本的な使い方は下のサイトを参考にしてください。
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の基本的な使い方

ウォレットの作成と使い方自体はかなり簡単です。
*上記サイトの補足的なことになるかもしれませんが、一応記述しておきます。
実際に「Keystore/JSONファイル」を利用したウォレットを作成するときに、一部のプラウザ(safari等)では、ファイルのダウンロードができませんでした。
この時、別のプラウザ「google Chrome」を利用するとすんなりファイルをダウンロードすることができます。

他にもいろんな方法でウォレットを利用することはできますが、この「Keystore/JSONファイル」を利用した方法が最も簡単なので、初めて作成する際は参考にしてください。

また、あんまり知られていないんですが、一部の専用ウォレット、例えば「metamask(メタマスク)」などで持っているトークンなども「秘密鍵」を利用することで「MyEtherWallet」上で表示や送金が可能になります。
その方法はまた後日記事に載せるつもりです。
スポンサーリンク

MyEtherWalletに入っているトークンを表示させるやり方

入っているという表現は間違っているのかもしれませんが、このウォレットを利用してICOなどに参加した時に、トークン(ただしERC20準拠のもの)とイーサリアムを交換するはずです。

この時、買ったはいいけど

その購入したトークンはどうやって確認すればいいの?

「MyEtherWallet」にあるトークンはどうやって取引所に送金(送信)すればいいの?

初めて購入した時にはなかなか苦戦しました。

今回はその購入したトークンを「MyEtherWallet」上で表示させる方法と送金方法を紹介します。

Token(トークン)情報の取得

まずはトークンの情報を探します。

自分のアカウントの「Ether/トークンの送出」画面に入ります。

「Keystore / JSON」Fileを使っているなら、「どの方法でお財布を操作しますか?」の下の欄からその項目を選択して、ダウンロードしたファイルを選択。パスワードでアンロックして入ります。

Token(トークン)情報の検索

画面右の「Tokens (Ethplorer.io)」をクリック。

下の画面が別タブで表示されるので、右上の検索窓から情報を探したいトークンの名前か通貨単位を入れて検索します。

Token(トークン)情報の取得

検索すると、下のような画面が出てきます。

ここで重要な部分は

①コントラクトアドレス
②通貨シンボル
③ケタ数

この3つがあれば基本的にはウォレットで表示できます。

マイイーサウォレットにToken(トークン)情報を表示させる

とりあえず情報が出てきたので、「MyEtherWallet」ページに戻って表示させます。

トークンの追加

画面のずっと右下のほうに「カスタムトークンの追加」という項目があります。

で、それをクリックすると、下のような画面が出てくると思います。

あとはさっき拾った情報を上から入れていき、保存すれば完了です。

成功すれば、そのトークンの所持枚数が表示され、下の画面のようにウォレットから直接送金(送信)できるようになります。

ちなみに所持枚数は「Show Token」から見ることができます。

トークン表示の際の注意点

基本的には上記の①〜③までの情報はトークン発行元のサイト上で公表していることが多いですが、マイナーな通貨はそういう情報がない場合があります。

また、この方法で追加する時に
すでに項目にトークンがある場合
そもそもERC20準拠トークンじゃない場合
などの時はエラーが出ます。

さらに、ICOの場合はまだ環境が整っていない場合が多く、この方法で検索をかけても情報が表示されないか、もしくは名前が変わっている場合とかもあるので、注意が必要です。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク