仮想通貨Monacoin(モナーコイン・モナコイン)だってちゃんと上がってる

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

最近になって仮想通貨リップル(ripple)コインが鬼のように値上がりしていますね〜。
しかも仮想通貨ランキングでいきなり2位まで上昇してるし。

そんな感じでちょくちょく世間にも認知されつつあるアルトコインですが、まだまだ今からでも上がっていきそうな仮想通貨は他にもたくさんありそうです。

さて、今回はその中でも、日本が作った日本初の仮想通貨「Monacoin(モナーコイン・モナコイン)」についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

仮想通貨(暗号通貨)Monacoin(モナーコイン・モナコイン)」基本情報

発行総数:1億512万枚
通貨単位表記は「MONA」
Proof of Works(プルーフ・オブ・ワーク、ビットコインと同じやつ)
ベースはライトコイン
公開日:2013年末

ビットコインと同じく、管理者等は存在しません

2ちゃんねるで、ライトコインなどの採掘プール「2chpool」を運営していたわたなべ氏(Mr.Watanabe)が開発。

2ちゃんねるを象徴するキャラクターであるモナーの名で、2013年12月からスタートしました。

基本的な使い方としては

「イイね!」のように動画や記事に対して評価をしたいときにモナーコインを支払う。

ネットなんかで、

他人の評価をするために使うチップ的な役割

ちょっとしたお礼として

宣伝の一環として不特定多数に配布

など、いろんな方法があるようです。
あと、まだ認知度が低いですが、仮想通貨として、今ある通貨に換金もできることから、普通にギフト券や、物を買う手段としても利用されているそうです。

仮想通貨(暗号通貨)Monacoin(モナーコイン・モナコイン)」の今後

日本初の仮想通貨であり、あのホリエモン(堀江貴文)もちょくちょく話の話題に出していることから、日本での人気も上昇気味ではありますが、それもあくまで仮想通貨を知っている前提での話。

そもそもそれすらわからない人から見れば、モナーコイン?、何???、って感じです。
一般的な通貨としての利用価値だってあるんですけど、まだまだ国外ではあまり認知されてないように思えます。

しかし、じゃあ将来性がないかというともちろんそうではありません。

最近リップルとかnemとかの通貨が爆発的に上昇していますよね、
でも、その陰で人知れずmonaもしっかりと上昇しているんですけど、皆さんは知っていましたか?

2016.12.10時点
リップル:0.79jpy
nem(dem):0.38jpy
mona:3.2jpy
2017.6.3時点
リップル:32jpy
nem(dem):24jpy
mona:33jpy

上昇率はやっぱり他のものが高いようですけど、それでもしっかり10倍以上まで値を上げていますね。
また、mona自体、当初は一時90円代まで行ったらしいので、今後そこまで上がることも予想されます。

そもそも、その辺にあるどこの誰が作ったかもわからないような仮想通貨と比べれば、こういうわかりやすい通貨の方が扱いやすくて安定性もあるのは当然です。

とりわけ大きな武器があるわけではないですが、仮想通貨(暗号通貨)としては十分価値があるかと。

もっと色々知りたい人はwiki/Monacoinを参照してください。

あ、話は逸れますが、個人的にこういうwikiがない仮想通貨(暗号通貨)は危ない可能性があるので、事前にしっかりと調べておく必要があると思っています。(必ず危険とは言いませんが)

仮想通貨Monacoin(モナーコイン・モナコイン)の入手方法

現在、日本ではZaifの取引所がこの通貨を扱ってます。

採掘関係はmonacoin-cryptoを参照してください。僕はこっちの方はちょっとまだよくわかりませんが。

普通に手に入れたいなら上記のZaifで買ったほうが早いですね。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク