社会人から、恋人と付き合いたい人必見

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

社会人になると、極端に出会いの数が少なくなります。
学生時代に異性と華やかな生活を送ることができなかったボクなんか、社会人になるとさらに状況が悪化しました。
特に別の県へ就職ともなると、全ての交友関係を最初からやり直さなければいけないので、正直それどころではありませんし。。。
ただこれは他の人にも言えることみたいです。

(平成27年)2015年に調査された、全国の彼女、彼氏がいない人の割合はそれぞれ50%以上という結果。※厚生労働省、第15回出生動向基本調査

そうなんです。
みんな一緒なんです(笑

ちなみに主な原因としては、年収、収入に関する男女の価値観の違い、男子の草食化などが挙げられています。

スポンサーリンク

別に彼女彼氏いなくてもいいか、は危険!

じゃあみんな一緒だから別にいいか、、いいえ、ダメです!
こんなところで変な集団心理を発揮すべきではありませんし、ましてや「自分は別にいいっ」などの考え方はひじょーーに危険です。

特に、もし、今1年以上彼氏彼女がいない場合、今後もできない可能性がかなり高いです。なぜなら一年も経つと自分の生活状況が安定してしまい、今後の生活もパートナーなしでルーチンワーク化されてしまうからです。(経験済み)

そして、いつかは彼氏彼女ができるだろうとタカをくくっている場合も危険です。
なぜなら相手も同じことを考えている可能性が高いからです。

お互いに出会いを待っている状況ほど最悪なものはありません。いずれはどちらかが動く必要があります。

どうやって交際相手を見つけるか

たいていの人は大きな勘違いをしています。
よく相手に気持ち悪い、いやがられるからといって、こちらからの接触を控える人がいますが、そもそも好意を示さなければ相手は気づきません。

そしてあちらからいきなり好意を抱かれる確率は本人が一番知っていると思います。厳しいことを言いますが、小学生ではないのですから照れずに好意を示しましょう。そこで心ない言葉を返されるのであれば、いずれいせよその人とはまともな恋愛などできません。

とりあえずは、まず出会わなければいけません。その方法は幾つかあります。

⑴合コンへ行く

これは一番メジャーな方法だと思いますが、そもそもこれができれば苦労はしないという声が聞こえてきそうです。。。僕もこれはまったく無理でした。

合コンへ参加する条件は、
・周囲に同じ年齢層で気軽に話ができる人がいること
・紹介者にパートナーのいないの知り合いがいること
・その人に自分が紹介されるに値する人物であると認めてもらうこと

ざっとこれらの条件が揃わないと無理だと思います。最後の項目に関しては、数合わせとして参加という手もありますが、成就する確率は低いです。また、先輩などが主催する合コンであれば、普通メインは先輩になります。。。

⑵周囲に紹介してもらう

こちらも上記の合コンと同じような条件ですが、合コンと違い相手を独占できる代わりにハードルはぐんっと上がります。
しかも基本的には相手を選ぶことができないですし。

ただ、周囲の話ではこの方法で相手を見つけたという話はよく聞くので、環境があれば検討してみても良いと思います。単に確率だけ見ると高いかと。

⑶習い事、スクールへ行く

これも意外に確率は高いように思えます。

・まず共通の話題がすでに存在していること
・最悪クラス内の人に紹介してもらうことも可能
・(スクールなのでスキルが身につく)

ただし、やはりこのような場所はあらかじめすでにグループが出来ている可能性が高いので、ボッチにはかなーり不利です。ただし最近は特殊なスクールも出てきています。

※出会い系

ボクは一度出会い系に近いものに手を出して失敗してます。。。ただ騙されたとかではなく、単に写真詐欺にあっただけですが(あれ?騙されたのか・・・笑)
ですので、ここではそっち方面はオススメしてません。あまりにも非現実的です!

じゃあぼっちはどうするの?

確率的に、今は街コンが一番相手を見つけられます。(今の彼女はそこで見つけました。。。)

このイベントは一人でも唯一、パートナーを作る機会が与えられる最後の砦です。
知らない人に一応説明しますと、街コンとは専門会社が主催する合コンのことです。最近は相席居酒屋なるものが出現していますが、そちらはボクは知りませんので、ここの項目はあくまで街コンの話になります。

メリット

⑴一人で参加できる。
この街コンで最も重要なことは、参加者は誰もお互いの事を知らないということです。つまり全くのゼロから印象を作れるということです。

合コンなどでは、お互いにある程度事前に情報が行き交います。そのためイメージも定着しがちですが、街コンではこちらのさじ加減でいくらでも印象を変えることができます。(れ重要です)

⑵相手がいくらでもいるし、様々な人がいる。
いろんな場所から様々な職種の人間が参加します。変な偏りがない分、単純に、誰かしらに好意を持たれる確率が大幅に上がります。

デメリット

⑴値段が高い。
料金は男性で大体6000~8000円くらいです。高いです。
ただその分、女性は1500~2000円とかなり安く設定してあります。

⑵サクラがいる。
後で見分ける方法を書きますが、基本すぐにわかります。。。

一人でも街コン行けばできる?

街コンに行って帰って来るだけでは意味がありませんので、最低限確率を上げる努力はしましょう。

というのも、街コン主催者はあまり頼れません。実際にHPを見ればわかりますが、カップリングのサポートをしますと結構書いてます。しかし実際はスタッフは空気の場合が多いです。

⑴はじめに
一人で行く場合は、まず間違いなく他の一人の参加者と一緒になりますので(もちろん単独行動可能)、最初はその人と自己紹介をする形になります。ここで先ほど話したメリット「参加者は誰もお互いの事を知らない」が効力を発揮します。
初対面のため、当たり前ですが誰もがお互い遠慮します。そこで、いかに相手より積極的に異性と交流できるかが鍵になります。

⑵形式は
最初から自由に動けるフリー形式と、あらかじめ席が決まっているグループ形式の二つがあります。
どっちも一長一短です。慣れないうちはグループ形式の方が良いです。

フリー形式
目標の相手に一直線にいけるがその分ハードルが高い。

グループ形式
順番に会えるが、時間によって最後までグループが回らないこともある。

⑶早い者勝ち
基本的に、早く相手を見つけたもの勝ちです。容姿ではありません(ここ重要)。あくまで早い者勝ちです。

⑷イケメン美女は不利
上記サクラの関係上、イケメン美女は不利です。
ここは普通の合コンとは違うところです。また、あまりこなれしていないような緊張気味の人間が信用されがちです。
これも街コン特有のメリットだと言えます。

とはいえ喋らないのはまた意味が違いますので、なんでもいいのでしゃべることをやめないように。

⑸サクラ
人数調節のためにお金で雇われた人。下に特徴を書きます。
①主催者とやたら仲がいい
②なぜか最初から異性が周囲にいる
③どう見てもやる気がない
④明らかに周囲と違う

とにかく一発でわかります。あからさまです。ボクも一番にわかりました。

街コンのコツは?(重要)

⑴参加人数100名での募集をしているところは、基本参加人数が少ないです。
もし数を充実させたいなら例えば参加人数52人など、現実的な設定をしているところを選びましょう。

⑵予約は早くしましょう。一ヶ月前に予約すればまず取れます。逆に言えば直前まで空いているところは人数が極端に少ない場合が多いです。

⑶経験上なぜかはわかりませんが、一人参加の方が異性がつきやすいです。逆にボクからしても女性は複数より一人を選びがちです。理由はわからないです。。。

⑷一度目をつけた相手は、こまめに接触しましょう。
こちらから好意を示さないと相手は絶対に気づきません。

⑸ボクの経験上、夏と冬はかなりの確率で相手が見つかります。単純にそれらの季節にイベントごとが多いので、周りの人が開放的な考え方になっているのでしょう。

おすすめの街コンは?

合コン検索サービス『いつコン!!』
東京周辺に強いです。基本人数はかなり少なめに設定しているので早い者勝ちです。

街コンなら!コンパde恋ぷらん
幾つかのプランから選んで検索するスタイル。年齢層は大体27~29歳くらい。

街コンジャパン
1人限定という珍しい条件のものが多くあります。ユーザー目線でよく考えられています。

婚活パーティーならユーブライドパーティー
こちらは婚活サイトですが、街コンの感覚で気軽に使えます(もちろん相手にもよりますが)。この一覧の中では最もしっかりした人が集まりやすい。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク