ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)を買おうか迷ってる人へ

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

今、仮想通貨といえば、ビットコインという風潮がありますが、最近ではアルトコインと呼ばれるビットコインを真似た、あるいは進化させた仮想通貨が数多く出回っていて、それらも最近になって少しずつ注目されてきています。

今回はそのアルトコインに注目して、

それは一体なんなのか?
投資として、実際にどの種類の仮想通貨を買えばいいのか?
どれが危なくないのか?

そういった点を勉強していきましょう。

スポンサーリンク

アルトコインとは?

そもそも大元はすべてビットコインですが、そのビットコイン自体はオープンソースです。
詳細なデータはプログラミングの入り口から見てください。

つまり、
ビットコインのプログラムコード自体は好きなように書き換えられることが可能ですし、他の人がビットコインを真似て同じようなシステムを構築することも可能であるということです。
(もちろんかなり専門的で難しいですが)

このことから、そのシステムを利用して、多くの仮想通貨が誕生しました。
それらの仮想通貨を一般的にはアルトコインと呼びます。

ビットコイン1.0

ビットコインはあくまで通貨として、通貨の改革を中心にシステムが構築してあります。
あまり聞きなれないかもしれませんが、一般的にビットコインはビットコイン1.0の分類とされています。

この単語の説明に関して、なかなかわかりやすい文章が見つかりませんでしたが、下で説明するビットコイン2.0との比較として、

ビットコイン1.0=通貨機能のみに特化したもの

と、見てもらえば、なんとなくですが理解できると思います。

ビットコイン2.0

こちらは、ビットコインから派生した様々な不可価値を持つアルトコインのこと。
つまり、今あるビットコインにさらにいろんなものがくっついた仮想通貨がそれに当たると思って良いです。

例えば、ビットコインの特徴である
ブロックチェーン
P2P(Peer to Peer)
など、そういう技術をそのまま通貨以外のいろんなものに応用した技術やプロジェクトなど。

たいていはブロックチェーンを組み込んで、それを匿名性にしたり(Factom)、あるいは単にシステム自体の向上を図ったり(Litecoin)など、元あるビットコインに手を加えたものが多いです。

中には、イーサリアム(Ethereum)のように、通貨以外のことにこのビットコインの技術を応用していこうとするものもあります。
ブロックチェーンの技術がそれだけ革命的だというわけですね。

http://seihoukei.com/post-1925/

(ブロックチェーンに興味のある人は上の記事で超わかりやすく解説してますので、そっちを見てください)

確かにもしこの技術が現実的に世の中に広まるのであれば、これほど便利なものはないのかもしれません。

どのアルトコインを買えばいいのか?

今はもう数多くの仮想通貨が出回っており、中には詐欺的なものも多くあります。
何はともあれ、超初心者の方はまずはビットコインから始めることをお勧めしますが、そこからさらに他の仮想通貨も触ってみたいという人は、coinmarketcap仮想通貨ランキングを一度見てみることをお勧めします。

そこにある通貨で10位以内に入ってるものはまず詐欺の問題はないです。
ですが、もちろん10位以降が全部ダメというわけでもないですが。

今(2017.3)はビットコインのほか、イーサリアム(Ethereum)、ライトコイン(Litecoin)、モネロ(Monero)などが有名になってますね。

ですが、これら上位の通貨はビットコインほどでないにしろ、大抵値が高い傾向にあるので、なるべくならまだ安いものを大量に買ったほうがのちの利益は期待できますね。

そうなった時に、どうしても知名度の低い通貨に注目しがちになると思います。
その時は、株なんかでも使われるテクニック、「分散投資法」を利用して、たくさんの通貨を少しづつ買ってみることも手です。

そこから定期的に様子を伺いつつ、後から期待が持てそうなものにさらに投資をしていくと、いいかもしれません。
投資なので、100%いいとは言いませんが。

危ない仮想通貨は?

最近ニュースなんかで、ちょくちょく話題になってますが、仮想通貨の名を使った別の商品(ここでは、僕はそれを詐欺と断言します)が出回ってますね。

とりあえず、通貨の名前は出しませんが。
100%確実に儲かる仮想通貨3

や、

“詐欺”○○○より注意喚起

など、

とりあえず、名前が挙がった通貨は、ことの真意はともかく、避けた方が無難です。
数多くの仮想通貨がある中、わざわざ危険な道を進む必要はありません。

仮想通貨ってそもそも全部詐欺じゃない?
ビットコインを買ったはいいけど、そのコインを置いている取引所が潰れてしまった場合、あるいはハッキングに遭った場合は、このお金ってどうなるんだ...

以前、仮想通貨のそういった危険な部分に焦点を当てて、記事を出してますので、こっちも見ながら選んでください。

何度も言いますが、

①相手からの勧誘は全部詐欺、こういうのは100%自分で選ぶこと
②詐欺でなくとも、価値が上がらなければ意味がない

アルトコインもそうですが、ビットコインに関しても、これらは承知の上で購入してください。

①に関しては、仮想通貨以外でも同じことが言えますが、なんでこうもわかりやすい詐欺にかかる人が多いのか、個人的には理解しかねます。

とはいえ、仮想通貨自体、今あるビットコインですらはっきりと100%仕組みを理解できていない人が多いのが現状。
僕もそうなんですが、

はっきり言ってこのシステムは難しすぎます

一般庶民がこんな難解なシステムをすぐに理解できるはずはありませんよ。
一応自分なりに勉強した内容をここで発信していますが、まだまだ覚えることはたくさんありそうです。

実際に買ってみようと思ってる人は、下の記事を参考にしてください。

http://seihoukei.com/post-1429/

他にも手に入れる方法はたくさんありますが、僕自身英語が苦手なため、まだ日本語対応のサイトしか利用してません・・・

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク