ポケモンGOに「金・銀」ポケモン大量追加

シェアする

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

2017年2月17日、『ポケモンGO(Pokémon GO)』に、『ポケットモンスター 金・銀』に登場するジョウト地方のポケモンたちが追加されました!80種類以上のポケモンが新たに『Pokémon GO』に登場しました!機能も大幅にアップデートしました。
引用

一時、社会現象とまで言われたスマホアプリゲーム、「Pokémon GO」に新たに大型アップデートが入りました。

内容としては以下のとおり

・ジョウト地方の80種類以上のポケモンが新たに登場
金銀(第二世代)のポケモンが新たに追加されました。
・ポケモンたちに性別が加わる
性別(オス・メス)の違いによって見た目が変わるポケモンも登場します。
・ポケモンを捕まえるモードで、一部のポケモンが今までと違う動きをする
・ポケモンを捕まえるときの画面上に、メニューを追加
「モンスターボール」と「きのみ」の種類をそれぞれ選べるメニューを追加しました。

その他、
・新しい「きのみ」や進化に必要な道具が追加
「ナナのみ」「パイルのみ」というものが追加されています。

ポケモンの動作を遅くする

捕獲時のアメが2倍になる

・ポケモントレーナーの姿の着せ替え機能が充実
・新しい着せ替えアイテムが追加
・マップビューが夜のBGM、ポケモンを捕まえるときのBGMが一新
・進化したポケモンを捕まえた時により多くのアメをもらえるようになりました

など

あと、情報によると、第1世代から第2世代へ進化するポケモンのほとんどは、進化の時にアメともうひとアイテム、何かの道具を必要とするようです。

スポンサーリンク

韓国では「ポケモン GO」酷似したゲームも?!

韓国では、この「ポケモン」に非常に似た「韓国版ポケモン GO」が登場しています。

2017年2月16日、韓国の大手玩具メーカー・ソノコンという会社が出した、韓国版の「ポケモンGO」ともいえるゲーム、その名も「ターニングメカードGO」

「ターニングメカードGO」は、ソノコンの代表的なおもちゃである「ターニングメカード」に拡張現実(AR)を組み合わせたゲームで、ソノコン初のARゲームとなるそうです。

「モンスターボール」でポケモンを捕まえる「ポケモンGO」と同様、カードを使って「メカニマル」と呼ばれるキャラクターを捕まえるのがゲームの中心らしいです。

とはいえ、独自の追加要素も存在しており、

プレイヤーの現在位置に関わらず、ゲーム内で自由に場所を移動することができる「ジョイスティックアイテム」機能。

「フィールドオブジェクト」(ポケモンGOの「ポケストップ」と一緒)は、人口が密集した特定の地域ではなく、学校・官公庁・公園など比較的安全性が確保された場所に設定。

などの機能が存在するそうです。

・・・なかなかロゴの見た目がチープですね笑

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク