米アリゾナ州でビットコインによる納税制度の法案があげられる

シェアする


米アリゾナ州で、仮想通貨ビットコインとその他のアルトコインをコモディティーではなく通貨と認識することと、納税者がビットコインで税金を払うことを可能にすることが法案として上がられ、委員会で採決されました。
nypost.com

同法案は、同じくアリゾナ州議員のSteve Farley氏が反論しており、ボラティリティの問題と、それを取り扱う側がどう対処するのかなどの問題を提起しています。

ここ最近のビットコインはチャートを見る限り、下落の一途をたどっていますが、社会的な動きとしてはビットコインの決済などの採用が進んでいるように見えます。

カナダでもケンタッキーでビットコイン決済ができる「ビットコインバケット(The Bitcoin Bucket)」を期間限定で販売するなど、特に欧米では活発に動いているようですね。

そういえば、欧米ではあまりビットコインの規制に関して大きな話題が出ていない気がします。


合わせて読みたい

あわせて読みたい

関連情報

関連情報

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク