ルーマニアのビットコイン交換所BTCxChangeが閉鎖をアナウンス

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018年5月1日、ルーマニアのビットコイン交換所BTCxChangeがプラットフォームの完全閉鎖をアナウンスしました。

すでに2月に法定通貨の引き出しが制限され、取引所の機能が止まり始めていたようです。
btcxchange.com

この取引所が設立されたのは、2014年。
わずか7ヶ月で2,000以上のユーザーを集めたという話題も過去に上がっていました。

今回の閉鎖について、公式での理由は「セキュリティー上の問題」とされていますが、具体的な原因はよくわかりません。

どうやら内部で何か問題があったようですね。

スポンサーリンク

BTCxChange閉鎖の理由は

12月時点で、すでにユーザーへbitcoinなどの資金を引き出すように促すアナウンスをしています。
coindesk.com

以前から、この取引所ではプログラマーがシステムへのアクサス権を失ったとして、何度かユーザーへ資金を避難させるようなアナウンスがされていたようです。またこれとは別に「プログラマーリーダーがサーバーを人質にしている」という旨をアナウンスしています。

どうも運営元が安定していなかったようですね。

また、銀行口座も絶え間なく変更されていたようです。
ということはやっぱり運営上苦しい状態が続いていたということだと思います。

ことしの1月時点ではすでに取引所の銀行口座はすべて使えない状態になっていたようで、引き出し処理自体が出てなくなっていました。

公式では、その後の新しい銀行口座を探すことをしないという決断をくだしていました。

ルーマニアの仮想通貨市場

あるメディアでは、ルーマニア人の半数は暗号通貨を認識していて、少なくとも約3分の1はそれに対してポジティブな考えを持っているそうです。

bitcoin以外のもイーサリアムやビットコインキャッシュなど、ある程度のアルトコインも認知されているみたいですね。

国としても特にこれと言って厳しい規制もなく、政府も今のところは肯定的な考えを示しているようです。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク