自動運転バスをANAが導入、区域内で試験的な運用

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

全日本空輸株式会社(ANA)と、ソフトバンクグループのSBドライブ株式会社(SBドライブ)は、このたび羽田空港新整備場地区での実証実験を皮切りに、空港における自動運転バスの導入に向けた取り組みを開始しました。
ana.co.jp

今回の導入では羽田空港新整備場地区での実証実験として、公道における自動運転レベル3および4相当の自動走行を実施。
具体的には遠隔操作による監視を行うため、万が一事故が起きた場合は大型二種免許を取得しているエンジニア二その責任がいくものと思われます。

ここで挙げられた「レベル」の意味は自動運転における運転支援の範囲を段階的に表したもので、例えばスバルの「EyeSight(アイサイト)」など、現在の日本の市販車に搭載されている運転支援システムは「レベル2」までのものである。

今回の実証実験では、緊急時に運転席にいるドライバーによる制御が行われる「レベル3」と、ドライバーなしで運行する「レベル4」の2種類が実施されます。
japan.cnet.com

何れにしても完全な自動運転とはいかないものの、運転操作における手動操作の割合は従来ある運転支援システムのそれよりもはるかに少ないようです。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク