ビットコイン分裂で誕生したBCH(BCC)ビットコインキャッシュとは?

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

こないだの8月1日にビットコインの分裂が起きました。
個人的には「どうせハッタリでしょ?」って感じで適当に流していたんですけど、本当に分裂したっぽいですね。

それで誕生した新しい仮想通貨がBCHことビットコインキャッシュです。

スポンサーリンク

ビットコイン分裂の経緯

ビットコインが普及し始めてから(それでも正直一般的にはあまり有名ではないが)、これまで気にならなかった問題が徐々に明確になってきます。

取引量の多さにビットコインのブロックチェーン容量が追いつかず、実際の取引に大きな影響が出始めると、そこからビットコインの容量を増やそうっていう動きが出てきました。

ここでいう影響とは、例えば、取引の時間など。
通常では数分で終わるような取引でも、全体の取引量が多すぎて、何時間もかかったりとか。この程度の普及でそんな感じだったら今後の普及に大きな支障が出ると考えらました。

そこで考えられたのが、容量の拡大。

この方法には、今までのビットコインをそのままの状態(今までのものと相互性あり)で、中身の容量だけ大きく書き換える方法と、今のビットコインはそのままにして、また違った形のビットコインを作ってしまう方法(よく言うハードフォークってやつ)が考えられました。

なぜわざわざ分裂させる必要があるのか?
その理由に、ビットコインのマイニング(承認)作業と呼ばれる専門的な作業をしている人たちの都合が関わっています。

この辺は専門的な話になるんですけど、
Segwit(Segrageted witness)=「取引のサイズ圧縮]とかいう仕組みを導入するか、
それとも相互性を捨てて、ブロック容量をそのまま増やしてしまうか。
なんで、対立してるのかっていう理由は下のニュース記事を参考に開いてください。
nikkei.com/分裂ビットコイン、合議のツケ

そのまま容量を増やす方法はどうやら一部のマイナーにとって不利益になるようですね。

そして、ビットコインが分裂すると言われた8月1日までの間で、ほとんどの取引所はビットコインの大きな混乱を防ぐために事前に取引の停止措置の準備を始めました。

当初はいつまで停止するかわからないって説明もあって、正直若干の不安はあったものの、実際は分裂が起きた次の日にはもう取引を再開しているところがほとんどです。
思ったよりは安定した結果になったんじゃないでしょうか。

ビットコインの方向性は誰が決めているの?

ビットコインは中央管理がない仮想通貨です。誰かが勝手に仕組みを変えることはできませんが、なんというか、多数決的なものは存在します。
それと、実際のところ、ビットコインの行く末を操作?していると思われるビットコインのコア開発者達、マイニングを大規模に行う主要マイナー達によってこのような事柄は決められていきます。

結局は力を持った人たちが出てくるわけですね。仕方ないですけど。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCC/BCH)とビットコイン(BTC)の違い

使う側からしたら、ビットコインキャッシュは基本的には派生元のビットコインと同じように思えます。
よく言われているこの二つの大きな違いは

ビットコインキャッシュは
①ブロックサイズの上限を8Mバイトまでに拡大(BTCは1Mバイト)
②BTCとは、交わらず共存する
③ハードウェアウォレットなどのセキュリティを向上させる施策が用意されている

これだけ見ると、今まで問題になりそうなビットコインを弱点を克服した形になってます。

ただし、誕生したBCHはマイナーがまだ少ないと言われていて、取引処理が追いつかない可能性もあります。
できたばっかりなので当たり前なんでしょうが。

※あ、ここで何回もマイナー(マイニング)って言葉を出してますが、これは簡単に言うと、取引作業を手伝っている人たちのことですね。
その人たちは取引の手伝い、監視をすることで、手間賃としてビットコインを少量もらえます。

さらに、元のビットコインも同じく上記のSegwitを推し進めているので、容量の問題はこれで解決できるものと思われます。

結果として、庶民使用者にとってはどちらも同じようなものになるんじゃないでしょうか。

※ビットコインの表記はBCCとBCHがあるようですが、ほとんどの取引所はBCHにしてるようです。

ビットコイン分裂後の各取引所の対応

ちなみに今現在の価格は
ビットコイン(BTC)=1コイン約350000円
ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)=1コイン約26000円(仮想通貨ランキング現在4位)
(※2017.8.4時点)
です。

主な取引所の対応は

Zaif・・・BTC持分の分だけBCHを付与。BCHの取り扱いは不明。
coincheck・・・BTC持分の分だけBCHを付与。BCHの取り扱い開始。
bitFlyer・・・BTC持分の分だけBCHを付与。BCHの取り扱い開始。
poloniex・・・BTC持分の分だけBCHを付与(予定)。BCHの取り扱いは不明。
bitfinex・・・BTC持分の分だけBCHを付与。BCHの取り扱い開始。

ほとんどの取引所が今まで持ってた分のビットコインと同じ量のビットコインキャッシュを勝手にくれます。

一応、通貨としての価値は多くなった分低くなるっていう見方があるみたいですけど、今のところは増えた分の得しかないですね。

なんかやばいなー・・・

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク