コンビニのATMの手数料をまとめてみた

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

何かと、お世話になるコンビニATMですが、突然使うときに、
「あれ、これ使えないの?」
「こんなに手数料かかるの?」
なんてことがよくあると思います。

ここでは、そんなコンビニのATMの内容を一通りまとめて紹介しています。
いざ、使用するときに、コンビニはしごをしないよう、一度目を通しておいてください。

スポンサーリンク

サークルKサンクス:ゼロバンク

場所によって多少異なります。ATMのご利用時間/手数料
基本的には

三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
シティバンク銀行
MICS提携金融機関
(地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合、新生銀行、あおぞら銀行、商工中金、信託銀行、労働金庫、農業協同組合)
ゆうちょ

が出金可能です。
手数料は、平日は8:45~18:00:108円
それ以外は216円(一部例外あり)

※ゆうちょは預け入れも可能です。
※振込みは基本できません。

MICS提携金融機関は入出金ゼロらしいですが、大手の銀行はその限りではありません。

ファミリーマート:E-net

詳しくはサイトE-netで。
基本的には

埼玉りそな銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三井住友信託銀行
三菱東京UFJ銀行
三菱UFJ信託銀行
りそな銀行
その他、その地区の地方銀行
イオン銀行
SBJ銀行(SBIじゃないよ)
オリックス銀行
JAバンク
JFマリンバンク
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
商工組合中央金庫
新生銀行
住信SBIネット銀行
ソニー銀行
楽天銀行
労働金庫
ゆうちょ
などのE-net提携銀行各種

入金出金が可能です。

MICS提携銀行は基本出金と照会のみ可能です。
振込みは全てではないので、振込みが可能かどうかかは手数料一覧を参照してください。

入出金及び振込み手数料は、平日は8:45~18:00:108円
それ以外は216円(一部例外あり)

ローソン

詳しくはサイトローソンATMまで

基本的には

りそな銀行
埼玉りそな銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
新生銀行
イオン銀行
住信SBI銀行
ソニー銀行
楽天銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
JAバンク
ゆうちょ
地方銀行各種
など
※詳しくはご利用可能な金融機関まで

入出金及び振込み手数料は、平日は8:45~18:00:108円
それ以外は216円(一部例外あり)

振込み可能な銀行は

みずほ銀行、北陸銀行、三菱東京UFJ銀行、福井銀行、三井住友銀行、紀陽銀行、りそな銀行、山陰合同銀行、埼玉りそな銀行、中国銀行、北海道銀行、阿波銀行、みちのく銀行、伊予銀行、荘内銀行、東邦銀行、肥後銀行、千葉銀行、琉球銀行、第四銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行、愛媛銀行、栃木銀行、群馬銀行、山形銀行、岩手銀行、百十四銀行、秋田銀行、横浜銀行、武蔵野銀行、北國銀行、北洋銀行、宮崎銀行、青森銀行、愛知銀行、常陽銀行です。

ほとんど全てが7:00~23:00まで利用可能

セブンイレブン:セブン銀行

詳しくはサイトセブン銀行まで。
基本的には
ほとんどの銀行が使えます。
入出金及び振込み手数料は、平日は基本8:45~18:00:108円
それ以外は216円(一部例外あり)

※銀行によって無料だったりしますので、詳しくは上記サイトで。

全て確認したわけではありませんが、振込みは三菱東京UFJ銀行以外できないかもしれません。

各銀行の大きな違いは

サークルkサンクスは2016年時点で、振込み不可です。
また、セブンイレブンのセブン銀行もほとんど振込み不可です。
それ以外ははっきり言って大した違いはないかと。

ここでは、大まかな内容を紹介していますので、詳しくは、各サイトで調べてくださいね。

銀行によっては手数料無料なんかもありますので。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク