好材料もあってか、仮想通貨NEO(ネオ:NEO)がやっと上がってきた

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

今までも3000~4000円程度をウロウロしていた仮想通貨NEOですが、最近の仮想通貨ブームに乗っかって次第に上昇。
今現在(2017年12月18時点)はなんと1NEO = 9000円まで上がっています。

プロジェクトが公式通りなら上がらないわけがないんです。

個人的にはかなり期待していますし、まだ全然上がっていくと思っています。

スポンサーリンク

Confirm、QRCとパートナー構築

AML/CTF(マネーロンダリング防止とテロ資金対策)のリスクとコンプライアンスプラットフォーム中国のブロックチェーン巨大企業NEOと、ブロックチェーンベンチャープラットフォームQRC、ブロックチェーンの安全な採用と使用の基盤提供するConfirm、この三社が業界共通のロードブロッキングに対応し、準拠したブロックチェーン経済を構築するために協力しています。
2017年12月13日
prnewswire.com

QRCは英国を中心にレグテック(RegTech = Regulation × Technology)プロダクトへの支援を行なっている企業です。
レグテックは簡単に言うと、「技術によって金融規制を管理すること」を意味します。
ブロックチェーンの特性を利用してKYC(銀行などの一連の手続き)を管理したり、マネーロンダリングを防ぐ手段に活用したりする技術です。

同じく、Confirmというプロジェクトもその関係のもので、ビットコインアドレス毎に、アカウントのリスクを算出するサービスを提供しています。

NEOはここのサイトでも以前紹介しました。

中国版イーサリアム? 仮想通貨NEO(ネオ)とは?
最近になってまた仮想通貨が盛り上がってきてますね。 仮想通貨ランキングも順位がだんだんと変わってきてます。 そんな中で上位10位以内に入...

俗に中国版イーサリアムと言われ、現在では中国スマート・エコノミーを牽引する存在となってます。

三社は12月10日に品川プリンスホテルで、ブロックチェーン・コンテストのキックオフ・イベントを開催。
その他の参加者は、日本最大のQ&Aサイトを運営する「OKWAVE」、NEOブロックチェーン上で行われたICOの初プロジェクトで、市場調査プラットフォームを提供する「Red Pulse」の代表などが参加。

今年初めには中国政府が突然ICOを禁止したことは、ブロックチェーン産業に大きな影響を与えました。
現在、Coinfirm、NEO、QRCは、ブロックチェーン規制の永続的な不足に対処するために協力してきたそうです。

OKWAVEグループが出資するICOプロジェクト「Wowoo」メンバーに、ロジャーバー氏、NEO創設者Da Hongfei氏が参画

2017年10月27日に最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」は、「感動の価値化」を主軸としたICOプラットフォーム事業「Wowoo」を支援すると発表しました。

さらに12月14日、Wowooはトークンセール実施企業やプロジェクトをレビューするWowoo Council(ワォー評議会)を設置していますが、このWowooの評議会に仮想通貨業界の第一人者ロジャー・バー氏と中国のパブリック・ブロックチェーン・プロジェクトNEOの創業者でCEOのDa Hongfei氏を招いた事を発表しました。
venturetimes.jp
okwave公式

OKWAVEはみなさん知っての通りの「質問・疑問に答えるQ&Aサイト」を運営している会社です。
このQ&Aサイトの利便性をさらに高めるため、有料で専門家回答者に質問を行うことができるブロックチェーン・エクスパート・ネットワークを構築する新サービスの開発に着手。
これの資金調達方法として、Wowoo Pte.(本社:シンガポール)が提供するICOソリューション「Wowoo」を用いたICOを実施することの検討しているとのこと。

マイクロソフトとの提携

NEOは11月、マイクロソフト(Microsoft)と提携して、開発者コンテスト「Devcon」を2018年3月に開催する予定を発表しました。

NEO Smart Economy (@NEO_Blockchain)さんの最新ツイート The official Twitter feed for NEO (was Antshares) || #Blockchain with #SmartContracts + #DigitalAssets = #SmartEcon...
サインアップは2017年11月20日に開始されます(サインアップページ:https://neo.org/competition.html)

賞金もちゃんとあり、一等賞($150,000)、2等($50,000)、三等、奨励と4つの賞が用意してあるようです。

仮想通貨NEOの将来性は

チャートは下のような感じです。

ここ最近のブームに乗っかる前でもちゃんと堅実に上昇し続けています。
リバウンドはあるかもしれないですが、長い目で見ると安定して上がっていくかと思います。

発行数量もEthereum(イーサリアム)と同等の量のため、時価総額の結果次第ではさらに今の7~8倍程度は価格上昇を期待できると思ってます。

あと、NEOの紹介記事にも書いてますが、本家イーサリアムとの違いはプログラミングのしやすさ。
Java、Pythonなどの既存の言語にも対応しているとのこと。
開発者としてはこの違いは大きいかと。

ここでもオススメの仮想通貨の一つとしてNEOをあげています。

[2017~2018年最新版]将来性が期待出来るオススメの仮想通貨(アルトコイン)
仮想通貨を扱い始めた2016年に比べると、現在はランキングもガラッと様変わりしてますね。 僕は現在、アルトコインを約30~40種類ほど持っ...

NEOの他のも将来有能なものが多数あります。


僕が初心者時代から使っているアルトコインの取引所。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買った取引所はこっち。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク