imovieの文字間隔が勝手に広くなる原因と対策案

シェアする


ボクはたまに多目的にimovieを使用するときがあります。
この動画編集用のフリーソフトはMac唯一の動画専用の楽ちん編集ツールとしてほそぼそと利用させていただいてます。

ただ、フリーのためテキスト編集に関して色々と頭を悩ませることがよくあります。
その中でも一番問題なのは原因がよくわからない謎症状。

ついこないだも普通に使用しているときに、それは起こりました。

文字間隔が勝手に広がっていく・・・。

何だこれは・・・笑

最初は普通の文字間隔だったのが、動画後半になるにつれてどんどん広がっていく、というなんともよくわからない現象です。

※この減少は2020/5/6時点のものです。今後のアプデで修正される可能性はあります。

スポンサーリンク

状況説明

この現象は、適当なテキストをコピペすることで発生します。
ちなみにテキストは標準を使用します。
しかし実際に状況再現を行おうとすると、文字間は問題ない状態・・・。

まず、実際にわざとタイトルテキストを配置してそのまま順にコピペしてみます。

これでは変化なし。単にコピペのみが原因じゃないみたいですね。

次にコピペしたものを隣にコピペする方法で順々に並べていきます。
これも問題なし。

次に配置したものを書き換えてコピペ、それをまた書き換える・・・これを繰り返します。
なんと2回めですでに文字間隔に大きな違いが現れました。

これです。この症状。

どうやらコピペしたものを書き換えるとこの現象に遭遇する模様。
ちなみにタイトルの種類を”下三分の一”など他のものに変えても同様の症状が出るようです。

勝手に文字間隔が広がる原因は?

何度か繰り返しましたが、結局コピペしたテキストを一度消して書き換え後、確定した時点で同じ文章だろうがなんだろうが間隔が開くようです。
テキストを一度でも編集すると文字間隔が広がるという感じですね。

だめじゃんこれ。

色々調べてみたものの、具体的な原因はわからず。

みんなそんなにimovie使ってないのか。

この現象に対する対策案

現状、一番いい方法は“コピペしない”というもの。

例えばテロップごとに新規にタイトルを持ってきて一つ一つ編集をやっていく方法です。
非常にめんどくさいですが、この方法が最も無難かと。

いっそテキストを別に用意する

もう一つはもういっそのことテキストを別に画像として用意する、というものです。

もともとimovieはテキスト関係に関してかなり融通が聞かないツールです。
・文字の縁色が変えられない
・文字の位置が簡単に変えられない
などなど、いざ無料だからと使い始めてすぐにその使い勝手の悪さに気づく人もいるかと。

他のとこでも紹介されていますが、この手のテキスト編集はもうほかのツールを併用してやったほうが割とあっさりとことが進むことがあるみたいですね。

“2つのツールを開くとPCが重くなって・・・”とか言う人は一度オンライン系のツールに手を出してみてもいいかもしれません。

オンライン系の画像編集ツールでは”Pixlr Editor”というものがおすすめです。
公式:pixlr.com

こちらは無料で使用でき、しかも割とPhotoshopに使用が似通ってます。
ただ、このツールの一番の利点はその動作の軽さにあると個人的には思っています。

一応文字間隔は変えられる

Windowsは分からないですが、Macではテキスト部分を右クリックして”フォント”から文字に関するちょっとした編集を行うことが可能です。

該当の”フォントパネル”でそのテキストを色々いじれます。
編集では、MacPC内にあるフォントを選択できる他、右上の歯車アイコンから”カラー”、”文字”、”タイポグラフィー”などの項目からも割と色々編集できます。

文字間隔は”タイポグラフィー”から選択式で変更できるようですね。

ただこちらは詳細な数値設定等はできないので、余り使う機会は少ないかと。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano X - The secure hardware wallet


合わせて読みたい

あわせて読みたい

関連情報

関連情報

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク