【給付金】“お使いのOSでは電子署名付与ができません”に関してのボクの対処法

シェアする


5月1日から始まった特別定額給付金制度。
失業者、主婦、おじいちゃんおばあちゃん誰でも問わず、一律で10万円の給付を行うこの制度ですが、早速オンライン申請が始まったみたいなので、手続きをやってみました。

手続きは郵送によるものとオンラインによる申請の二種類。
郵送に関しては申請書類が勝手に全国民の住所に送られてくるはずなのでそれをもらって送り返すというもの。
一方でオンラインでは現時点で特別定額給付金制度に対応している市町村であれば、すぐに申請可能。

今回ボクはiPhoneを使ったスマホでの電子署名による手続きをやろうかと作業を進めていました。
しかしここで問題が・・・。

は?
どういうことでしょうか?

ちなみに動作環境に関してはiOS(バージョン13.1以降)をちゃんとクリアしています。
特別定額給付金の公式サイトはこちら:特別定額給付金

今回こちらの問題に関して色々と解決策を模索してみたので、参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク

電子署名付与のために試したこと

原因が全くわからないんですが、とりあえず、以下の内容を実施しています。
・サイトの再読み込み
・アプリ”マイナポータルAP”を先にダウンロード
・OS、ブラウザバージョンの再確認

まず、サイトの再読み込みに関しては、総務省からも連絡がある通り、読み込みエラーが起こっているとのこと。
理由は、アクセス集中によるエラー
その時点での応募者多数のための混雑によるもの、ということらしいです。

こちらはまずボクの場合はエラーではなく、OSの未対応ということなので関係なし。
もちろん再読み込みでも同じ結果となりました。

次に専用読み込みアプリ”マイナポータルAP”のダウンロード。
こちらはマイナンバーカードの情報を読み込むための専用アプリですが、念の為これを先にダウンロードしてから手続きを進めてみました。
まあ、これも効果はなかったです。

最後にOSとブラウザのバージョン再チェック。
そもそもOSが環境に対応していないとの記載があるので、OSの状態を確認することが一番の突破口になる可能性があるはずです。
だけども、何回見直してもOSは条件をクリアしている模様。

最終的な原因は?

結果的にボクの場合は、iPhoneをその時点の最新のOS(13.4.1)にアップデートすることで電子署名付与ができるようになりました。
詳しくはわからないですが、どうやらOSバージョンによって動作しないことがあるようですね。

わけわからん。

Catalinaは電子署名付与に対応していない??

ちなみにPCの方はそもそもICカードリーダを持っていないため、断念。

持っていたとしても、現バージョン10.15.4Catalinaに対応していないため、こちらからの申請は不可能な模様。
試しにPCで途中までオンライン申請を進めてみたものの、やはりOS環境が未対応との表示になっています。

動作環境に記載されている内容を確認すると、以下のようになっています。
“以降”という表記がないので、やはり対応していないと考えるのが妥当かと。

まあどっちにしても、これのためにわざわざICカードリーダライタを買うというのもなんだかあれなので、iPhoneで申請を頑張る形となりました。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano X - The secure hardware wallet


合わせて読みたい

あわせて読みたい

関連情報

関連情報

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク