アンドロイドで突然Wi-Fiが繋がらなくなったときの対処法

シェアする


知り合いにアンドロイド使いがいるんですが、ある日突然にWi-Fiが切れてしまう現象に陥ったとのこと。

今までは普通に使えていたようですが、YouTubeを見ているときに突然フリーズ。
最初はサイトの不具合かと予想しましたが、その後Google Chromeや他のアプリなんかのネートワークでも接続不良が頻発しました。

一方でその時、ボクのiPhoneは特に問題なくWi-Fiは使えており、ネットも止まることなく使用できていたので、ちょっと珍しい現象なのかなって考えます。

スポンサーリンク

Wi-Fi接続不良の症状

症状としては最初はネットがつながりますが、その後1〜3分程度でフリーズすると言うもの。

ポイントは最初はつながる、というところでしょうか。

あとから必ずフリーズする分、なんともいやらしい症状です。

また、この症状では実際のWi-Fi接続状況はステータスの表示ではつながったまま・・・。
普通なら接続解除になったり、接続状態が弱くなったり表示させるはずですが。

フリーズしているのに接続状況は変化なしとは一体どういうことでしょうね。
もちろんネットもつながらず、”ネットに接続されていません”とか言う表記もちゃんと出ます。

Wi-Fi接続不良の治し方

一般的に言われているのは、以下の処置方法。
この方法で大抵の接続不良はなんとかなります。

キャッシュの消去

まず直ぐにできることはキャッシュの消去です。

案外知られていないようですが、サイトを変な切り方で遮断したり、アプリを動作の途中で落としたりすると、そのせいで再接続できなくなることが結構あります。

メルカリやその他のアプリゲームなど、読み込みが終わらないときにはログインキャッシュを消去し、一度完全に落としてから入り直すと治る場合があります。

Wi-Fiを一度切って接続し直す

端末のWi-Fi接続を一度OFFにして、接続解除。
少し時間をおいてから再度接続し直します。

殆どの場合、この方法で一度は復帰します。
その後、再度接続不良になる場合はこの方法では解決しないことがほぼほぼ。

実際に効果があったWi-Fi接続の復帰方法

今回の件で、実際に効果があったのはWi-Fiルーターの再起動です。

ボクのiPhoneはつながっていたので、半ば半信半疑でこの方法を試した結果。
スムーズにアンドロイドの方のWi-Fiが復帰しました。その後もすぐにフリーズしたり、切れたりすることもなく、正常に接続した状態です。

こういうものって機種によって接続状態にここまで差が出ることもあるのでしょうか・・・。

なんだかよくわからない現象ですが、とりあえずこういうこともあるということで、メモ代わりに記録することにします。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano X - The secure hardware wallet


合わせて読みたい

あわせて読みたい

関連情報

関連情報

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク