素人が一週間断食して死にかけた話

シェアする


もうかなり前の話になりますが、個人的に興味があって長期の休みの間に一週間ほどの断食(風)を行ったことがあります。
ここで言う断食とは、水以外一切口にしない、というもの。

このかるーい気持ちで始めた絶食活動ですが、色々と勉強になったので内容の報告をしてみます。

スポンサーリンク

断食を始めたきっかけと理由

まずはダイエットが一番の理由です。

ダイエットの方法はいろいろありますが、やっぱり何を言っても「食べないこと」が一番体重に影響が出るとのことで今回の絶食を試しています。
とはいえ、もちろん素人がいきなり食を断ってうまくいくとは到底思っていなかったので、この活動では正直一種の好奇心によるものが大きいです。

まあ、最終的にはなんにもメリットを得られずに大失敗したことを最初に行っておきますが・・・。
いい経験にはなりました。

断食の成果は?

最初に言っておくと、終盤高熱でぶっ倒れています。

その後、身体の復帰に一週間ほどの時間を費やし、医療費と合わせてかなり痛手を食いました・・・。

とりあえず、今回学んだ結果は以下の通り。
・この方法で自分は少なくとも3日は食事なしで大丈夫だということ
・3日以上断食すると本当にヤバいことになること
・炭水化物はかなり重要

一方で体重は一週間で3kgほど落ちており、ウエスト周りも目に見えて細くはなりました。
ただし、死にかけていますが笑

筋肉量も大幅に落ち、戻すのに時間がかかりましたし、体重は瞬時にもとに戻りました。

意味ないですね。

また、今回の断食で本当に「動けなくなる」、という体験を初めてしました・・・。

最初に色々と学ぶことができたとのお話をしましたが、一番勉強になったのは、食事、特に炭水化物の重要性です。

一般的にカロリーと聞くとあまりいいイメージが無いかもしれません。
しかし、普段から呼吸して酸素を吸っているように、普段の食事というのは無理に断ってしまうと本当に、本当に生命の危機が訪れると言うことを身にしみて理解できました笑

細かい経過は下に載せていますが、後半からモロに身体に悪影響が出ています。

もう正直、この手のダイエット法は二度とやらないと思います。
今思えば、本当に馬鹿なことをしたと思いますが、食事を摂ることに対しての意識が大きく変わったことは確かです。

断食一日目

普通にお腹が空きますが、特にこれと言って身体に以上はないし、まだ余裕。

断食二日目

食欲がなくなってきます。といっても特に異常も不快感もなし。
このときボクはまだ、まあこんなものかと、安易に考えて継続。

おそらくこの段階で止めると、程よく体が軽くなるのかと思います。

断食三日目

胸焼けがしてきました。
あとで調べたところ、おそらく胃に何も入っていない状態で、胃液の影響によって発生している模様。

ちなみに食欲はすでにほぼない状態です。
ただそれ以外は身体に大きな変化はなし。

断食四日目

胸焼けに加えて、体がだるくなってきます。
例えるなら、熱が出たときのあの状態。

もちろん食欲もなし。
このあたりから色々異常な感覚に襲われます。

断食五〜六日目

座る、横になることが辛くなり、落ち着きがなくなります。
体は節々が痛み、動くことが困難になります。

今まで感じたことがない不安感に襲われます。

このあたりで本当にやばい感じがしてきました。

断食七日目

いよいよ体が思うように動かなくなり、高熱が出たため、ここで中断。
急いで病院へ行き、栄養のある食事を取り始めています。

しかし、通常食べている食事を胃が受け付けない状態になっていたため、このあと2日ほどはお粥やゼリーなどを中心に摂食しています。

自己判断での断食は本当に危険

そもそも断食自体、ちょっとした裏技的な部分があるのかもしれませんが、素人がやると非常に危険だということを身にしみて学びました。
この方法、個人的には決しておすすめはできません。

確かに一週間で数キロ単位で大きく体重を減らすことができていますが、普通の食生活に戻すとすぐに元の状態に戻ります。
筋肉が落ちる分、余計に脂肪分が増える可能性もあるかと。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet


合わせて読みたい

あわせて読みたい

関連情報

関連情報

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク