スマホを利用して片道4000円程度で名古屋から九州まで帰省する方法

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

もう既出の情報だと思いますが、最近の飛行機事情はとても変わっているようで、一昔のように中部地方から九州地方へ旅行したり、実家へ帰ったりするときに片道2~3万円も出費する必要がなくなりました。

ボクの場合は実家に帰るときには、ちょっと前まで、
新幹線
飛行機(ANA)
などを使って帰省していました。

ただ、いずれも片道1~3万円するような、高い値段の移動方法ばかり。

正攻法であるANAなんかを使うと、往復で54000円以上します。
昔はボクもこれを使ってました・・・。

でも、ちゃんと探すと、なんと片道最安値で3990円(往復約8000円)などという、ずば抜けて安い価格帯の飛行機による移動手段が存在します。

今回は遠出するときに飛行機や新幹線、夜行バスなど、色々な種類の移動方法がありますが、今回はその中でも飛行機にピックアップして、安くて簡単に利用できる移動手段を解説していきます。

スポンサーリンク

意外にみんな知らない格安航空会社

ボクの場合、移動にかかる時間はなるべく少ないほうがいいっていう考えが第一にあるので、遠出するときには飛行機による移動手段がまっさきに候補に上がります。

ボクの所在地で考えると、なにせ名古屋セントレアから、福岡空港まで飛行機だと約1時間半で着きます。
これが新幹線では3時間半程度かかりますし、夜行バスでは10時間です。

ただ飛行機は高い・・・。

まあ、こんなもんですよね。どこも。
一方で、格安航空と呼ばれる航空会社はなんと最安値で約4000円。

下の価格は航空会社ジェットスター(JetStar)の価格一覧です。

なんでこんなに安いのかはよくわかりませんが・・・。
というかなんでANAなどとこんなに違うのか、両方乗ったことがある僕はそんなに違いがわからなかったんですが、今ではすっかり遠出はこのジェットスターを利用しています。

JetStarを利用してみる

ボクがここを利用する理由は以下の通り。
・安い
・簡単

ボクの場合、基本一ヶ月前ぐらいからネットで予約します。
ANAを使っていた時代は、航空会社に直接行ってチケットを買ったりしていましたが、JetStarを利用し始めてからはネット上で予約して、ネット上でチェックインまでを行っています。

つまり、どこにも行かなくても、会社でもどこでもネット上でチェックインまでできるということになります。

手元に紙のチケットの引換券などは必要なく、全てをネット上で済ませることができます。
まあ、今は当たり前なんですかね・・・。

まずは他の飛行機のネット予約と同様の方法で予約します。
ちなみにアカウントは作らなくても予約はちゃんとできます。

同様に日にちも選択します。

そうすると前後の日にちの空き状況が確認できるので、右側の”選択する”で決定。

ここから先はオプション選択が続きます。
ボクの場合は可能な限り、安く済ませていので、荷物も一個、座席指定無しなどでオプション料金はゼロ円にします。

ちなみに、最後の方でログイン、アカウント登録画面が出ますが、下の基本情報を入れるだけでメールで情報が届くので別に登録しなくてもいいです。

支払い方法は以下の3つ。ボクの場合はクレジットで払います。
ウェルネットはコンビニで支払うタイプのものですね。

これで終わり。
あとはメールで日にちやら、予約番号が届きます。

基本的にここの作業では、この予約番号が重要になります。

逆に言えば、この番号さえあれば大丈夫です。
ジェットスターではその予約番号を使ってチェックインします。

ネットでチェックイン

当日、メールにてオンラインチェックインの案内が来ます。

当日はチェックイン時間までブラブラして、チェックインの時間にこの”今すぐチェックイン”ボタンからチェックインを完了するだけでOKです。

チェックインしたら、スマホに下のような画面が出るので、そのまま手荷物検査へ。後は飛行機の乗るときに、これを入り口で機械にかざします。

※注意として、このオンラインチェックには条件があるようです。
オンラインでのチェックイン

これには本当に助かりました。
何しろ、当日のチェックインの受付は長蛇の列・・・。
おそらくオンラインチェックインの条件に入らない人とか、こういうのを使わない人たちでしょう。

それを横目に直接手荷物検査まで行き、後は入り口でスマホをかざすだけで済みました。

格安航空会社は危険?

よく聞く情報として、格安航空機が危険であるという話を聞きます。
正直これに関しては全ての格安航空機を知っているわけではないので、ちょっとはっきりとは白黒はつけれません。

ただ、少なくとも、上記のジェットスターに関してはすでに何度も使っていて、ボクとしては今の所全く問題なく利用させてもらっているので、この航空会社は普通におすすめできます。
※ぼくは飛行機に関してはANAとジェットスター合わせて十数回使っています。

ちなみにその危険とは、一体何のことをいっているのでしょうか?
・落ちる危険
・欠航(または引き返し)になる危険
考えられる危険はだいたいこんなもんでしょうか。

落ちる危険に関して、まず結論から言うと日本国内で有名な航空会社ではこれはほぼありえません。
参考までに別サイト様のランキングを載せておきます。
【危険】乗ってはいけない航空会社ってあるの?
聞いたことないところばっかです・・・。

特に日本はこういった情報に敏感なところがありますので、普段からCMやネット上で宣伝されている航空機会社はまず問題ないです。
(もちろん100%安全はありえませんが)

欠航(または引き返し)になる危険については、これは個人的にはどこも同じように思えます。
特に個人的に、北海道区域は冬には会社関係なく頻繁に引き返す飛行機があるように思えます。
国内最強のANAも場合によってはガンガン引き返します。

それに、引き返す=危険ではなく、むしろ安全面に気を使っているからこそ、そうするわけであって、無理やり飛行するほうがよほど危険じゃないかと・・・。

格安航空会社はサービスが悪い?

頻繁に使っているボクから言うと、少なくともANAもJetStarもさして変わりません。
時間もちゃんと守りますし、お客に気も使ってくれます。
よほど食事やサービスにこだわりがなく、移動手段として考えている限りはどちらも変わりなく利用できるかと。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク