あらゆるケースで使えるメンズ用の安い最強PC用バックパックが超オススメ

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

僕の場合、個人的にしっくりきた遠出用のリュックやいわゆるバックパックなるものを所持していません。

というのも、大体の場合は手ぶらで近場か、もしくはちょっとの遠出でも簡単な手さげバックでことを済ませてしまうからです。

一応昔はリュックを持っていましたが、同じそれを使い続けていたら穴が空いたため、処分。
それ以降はちゃんとしたメンズ用のバックパックを持っていない状態ですね。

ただ、地元に帰省するや、しばらく別の場所に滞在するときにはノートPCを一緒に持っていくんですが、その時ばかりはどうしても荷物がうまくまとまらずに毎回面倒くさい想いをしています。

そこで今回は機能性と見た目、そしてコスト面で僕が選別したオススメのPC用バックパックを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ALPHA INDUSTRIES製のバックパック

アルファ・インダストリーズ(Alpha Industries)はアメリカ合衆国のアパレルメーカーで、主に軍事関係の衣料品や日用品を展開しているところです。

もともとガチ系の軍事アクセサリーを販売していたようで、当時(約50年前)の米国国防総省 (DOD)の契約の元、工場を稼働させていたそうです。
最近では、日本でエドウィンがこのライセンスを保有してカジュアルファッションブランドとして日本展開しています。
有名なところではMA-1、M-65などのミリジャケが知られているはずです。

ミリタリー系と聞くと何やらゴツゴツしたイメージがありますね。
特にミリ系のジャケットは正直人を選びます。まあ、そもそもファッションとはそういうものなんでしょうが。

一方で、このメーカーの日用品は一目置かれているところがあり、特にリュックなどは機能性に関して他の同価格帯のメーカーより頭一つ抜けている感があります。
耐久性や多機能性・・・。

もともと軍事関係のものを扱っていたのですから納得はいきますね。

ALPHA INDUSTRIES:スクエアリュック

今回のBackPack(リュック)は機能性、ファッション性、コスト面(安さ)を考えると最も使い勝手の良いものだと思っています。

もともと僕は性格上、こういった日用品は長期間(数年単位)、ヘビーに使う倒すことを想定して探します。 ボクが想定している場面は、以下の通り。

・実家への帰省
・泊旅行
・会社用
・キャンプ用

結構ヘビーに使い込む予定です。 なので、書類やPCを入れられて、かつ丈夫でなければいけません。 そのため、いろんな情報を集めて回ってこれじゃないと駄目だっていう一品を買っています。

それで今回選んだのがこのALPHA INDUSTRIESのブランドです。

見た目以上にしっかり頑丈性能

やっぱり他のリュックと比べても明らかに頑丈な手触り。 簡単にぺしゃんこになるようなものとは違います。

ただ、全体的にはがっしりとした感じですが、ちゃんと潰しても使えます。 ちなみに裏側はメッシュ感がすごいですが、しっかりフィットします。

また、表面は防水性があり、しっかりと水を弾くようになっています。 ありがたいですね。

そして、ぼくが一番気にしていた中のPCポケット。

クッション性も割としっかりとしていて、ガッチリホールドできるようになっていました。さすが。

凄まじい収納性能

ポケットは内外合計で10個以上。

あらゆるところにすぐに収納できるポケットが存在します。

外側にはジュース缶やペットボトルを収納できるポケットが2つ。 バックの蓋上部に小さなポケットが一つ。 内側にはメインの収納のほか、PC、書類、小物類を多数入れられるポケットが6個程度。 全部で22L程度の収納機能があるようです。

さらにスクエアタイプなので、よほどのことがない限り、書類がグシャることはありません。
BackPack3

また、実際に使っていて、最もありがたかったのは背中にあるこの収納部分。

BackPack4

もともとめんどくさがりな性格なので、いちいちバックの上を開けてものを出し入れするのが億劫でした。

このバックは外サイドにちょっとした紙類を入れるポケットがあるので、何かしらのイベントでチラシを貰ったときでも簡単に収納が可能です。

更に内側にももう一つ、サイドファスナーがあり、そこからは中身を直接取り出せるようになっています。

そこそこおしゃれで低コスト

このバックパック、価格は約6000円ほど。
なんと一万円を切ってます。

ブランドもしっかりとしていて、これだけの性能がありながら、この値段。 カラーバリエーションは今現在は全部で5種類。 僕はいろんな場面を想定して、ブラックにしていますが、赤と青のスポーティーなトリコロールや流行カラーのネイビー、カモフラなんかもおしゃれでいいと思います。

そしてもちろんこのバックパック、各販売サイトでのランクは上位に入っています。

ちなみに僕の場合は、楽天ポイントが3000ポイント以上溜まっていたので、それも使って3000円以下で購入しています。

この楽天ポイントはカード新規入会などで、初回に一気に数千ポイント(数千円)貯まるので、特に何もしてなくても大きな割引が期待できます。
数百円ならまだしも、一気に数千ポイントもくれるってなら、そりゃ登録しといたほうがお得ですね。
当時、僕の場合は特に何も買わなくても最大6000ポイント程度入りました。
お金ばらまいてるようなもんですよね・・・。
(もらえるポイントは時期によって変動します。)

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

なぜ僕はリュックを買わないのか?

僕自身、
もともとリュック=ダサい
というイメージが合ったのですが、それ以前にPCや書類を持ち歩くという機会が若いときにはあまりありませんでした。

ただ、最近になってわかったことがあります。

クリエイティブな仕事をやっている方や、フリーで活動されている方はこういった収納バックは必須だということ。

簡素な手さげや、ましてやその辺の袋なんかでは危なっかしくて大事な中身を持ち歩くなんてことはできないでしょう。

PCを持ち歩くのであればなおさら。

雨に濡れたり、耐衝撃性が皆無なバックなんてとても入れて持ち歩く気には慣れません・・・。
今回紹介したバックパックはスーツに背負っても違和感ゼロですし、会社使用でも存分に性能を発揮すること間違いなしでしょう。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク