実際に転職エージェントを使ってみた(批判多し)

シェアする

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

実際に転職エージェントを使ってみた

今回は、巷で噂になっている転職エージェントを実際に使ってみました。

というのも前々からいろんなサイトなどで話題に上がっており、興味がありましたので、2〜3社ほど有名なものを選んで登録をするところから始めてみました。その際に印象に残ったことなどを明記したいと思います。

ただ説明の前に一つ、ここのページはあくまで本当に僕個人が使ってみての感想になります。
人によって対応が違う場合もありますので、その辺はご理解ください。

つらつらと書いていきたいですが、とりあえずまずは良いとこ(メリット)、悪いとこ(デメリット)から、一気にまとめてみました。


スポンサーリンク

実際に転職エージェントを使ってみてよかった所

履歴書、職務経歴書は一つあれば良い。

転職エージェントを使う上で、もちろん履歴書、職務経歴書は書く必要があります。
ただほとんどの場合、サイト内の記載ページで指示された内容を書いて、それをword形式などでアップロードすれば、それで済みますので、企業ごとに何枚もの履歴書、職務経歴書を書く必要はありません。

形式も、どのエージェントサイトも同じようなものです。一度内容をメモ帳などにコピーアンドペーストしておけば他の紹介サイトでも使えます。

⑵スケジュール調整はエージェントがやってくれる。

基本的に求人を見つけてから、応募依頼すれば、後の面接日の調整はエージェントがやってくれます。まあ楽といえば楽です。

実際に転職エージェントを使ってみて悪かった点

⑴履歴書、職務経歴書の記載欄が分かりづらい。

いきなり上記のメリットの否定からです。。。

実際に自分のプロフィールなどを記載していくのですが。。。

サイトマップがわかりづらいと言いますか、、どこにどれを記載すべきかがいまいちよく分かりません。
また、僕のやり方がよくなかったのかもしれませんが、途中でページエラーが一度起きて半日かけて記載した履歴書、職務経歴書がパーになったこともありました。

⑵メールがうっとおしい

スカウトサービスやオファーサービスなどを利用していると、メールでの連絡がきます。
しかしあらかじめしっかりした希望を伝えていないと、業種、勤務地が希望と全然違う会社からのオファーが来たりします。僕の場合、営業職は枠から外していましたが、そのことがうまく伝わっておらず、営業職のオファーがたくさん来ました笑

というより最初に、希望業種はある程度絞っているはずなのに、この状態なのはちょっとおかしいと思います。。。

またそれに加えて、履歴書、職務経歴書の修正がきます。これがまた厄介で、隣で指導してくれるのであればまだしも、メールのみで細かい箇所まで、修正依頼をしてくるので、上記⑴のデメリットもあり、内容の理解に苦戦しました。

⑶対応が事務的

エージェントサービスということで、いろいろ相談に乗って下さるのかと思っていましたが、とにかく対応が事務的でした。これは他のサイトでもちょくちょく耳にはしていましたが、スタッフによって相性などがあるらしいです。というか相性というより温度差というか。。。面談、というよりまるで通常の転職サイトの人間版という感じでした。

⑷非公開求人の恩恵が感じられない

確かに非公開なのかもしれません。他の転職サイトにはないのでしょう。ただし、非公開求人が良い求人とは限りません。明らかに普通は選ばないような内容のものでもバンバンメールで送られてきます。

⑸ハードルが高い?

自分の市場価値、というのでしょうか。以前の会社での経歴を記載しますが、記載内容のレベルが高いです。新卒で入った職場での功績など、売り上げ数値など、そもそも普通は新卒で入った会社でしっかりした功績なんて残せるものなのでしょうか?笑
あるとすれば、せいぜい仕事を早く覚えたことぐらいではないでしょうか?

転職エージェントはそもそも一般市民が使うこと自体ハードルが高いのではないかと思えるほどです。
まあここはあくまで共通フォーマットなので、自分目線でざっとした内容を記載すれば良いのでしょうが。多分。


上記が僕が使ってみて思ったことです。

ちなみに僕の場合、勤務地の指定、業種職種の指定、休日日数、勤務時間の指定をしておりました。結構高望みな内容でしたので、はっきり言って期待はあまりしていませんでしたが笑

とりあえず、いろいろ後悔や批判する以前に、このサービスは無料であるということを頭に入れるべきです。ただであれば、損をすることはないです、ただし時間以外は、の話ですが。

まず僕の場合、電話での面談ということだったので、それもデメリットの一つの要因だったのかもしれません。僕の場合は勤務地を最優先に考えていたのですが、まず勤務地で絞った時に当てはまる求人がなく、そこで止まってしまいました。特に大きなアドバイスはなく、勤務地の選択は諦める、などのありきたりな返答しかもらえませんでした。これならまだ友達に相談した方が良かったかと思うほどです。

よく転職エージェントで聞く、非公開求人ですが、はっきり言って非公開だろうが公開だろうが、結局は自分自身の判断で、その求人内容の良し悪しを決めるので、非公開=良い求人とは限りません。(もちろんエージェントは会社の中身を知りません)ただここは求人項目が通常の転職サイトと若干違うという点で、優位なのでしょうか。

オファーを見た限りでは他の求人サイトの内容と大差ありません。結局良い求人かどうかは入ってみないとわからないですし、これでは通常の求人サイトと変わりありません。


結局は。。。

一通り説明しましたが、ここで幾つか疑問が出てくると思います。
よく他のサイトでは

自分の客観的な価値がわかるメリット
非公開求人の紹介が受けられるメリット
面接日等の調整をしてもらえるメリット

などが挙げられてますがどのサイトもはっきりとここが良いっ、という話はしていません。
状況によって使い分ける方が良いと書かれているものもあります。

上記のメリットも、面接日等の調整をしてもらえるメリット、以外はあまり良いとは思えません。

よく考えてみると、このエージェントサービスというのは、求職者は無料です。サービスの代価を支払うのは求人元の企業です。

当たり前の話ですが、世の中は基本どんな場合でもただで手に入るものには価値はあまりありません。その流れで考えてみるとこのエージェントサービスを使用してしっかりとした恩恵を受けられるのは。。。

かなり批判寄りな内容にはなりましたが、とりあえず僕は転職エージェントを最後まで使ってみたいと思っております。

また何度も言いますがここのページは僕が使ってみての感想です。一般的な転職比較サイトとは違います。

ただ、エージェントは一応[推薦]いう形で求職者を斡旋してくれます。通常の応募よりも良い結果を得られる確率が高いそうです。何れにしても、無料で利用できますし、最終的には利用者が会社を決めるので、時間に猶予がある限り積極的に使うべきかもしれません。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク