リップルにコミュニティー専用XRPシンボルを追加するための動き

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

アルトコインのリップル(Ripple)のコミュニティー内で、今あるリップル社のマークとは別に新しく別のシンボルマークを作る動きが活発になっています。
このシンボルとは各仮想通貨に最初から設定されている通貨のマークみたいなものです。

例えば、ビットコインではBの文字をいじったようなアイコンになってます。
数量単位でも専用の単位としてこれが使われることもあります。

各通貨のシンボルは大抵の場合は開発者が作ったものに設定されていますが、リップルコインに関しては現在リップル社のアイコンがそのまま使われています。

現状のリップルコインは、どちらかと言うと法人向けのイメージが定着していて、分散型のビットコインとは対象的にリップル社で運営しているリップルコインというイメージがあります。

リップルコミュニティーでは、このイメージをどうにか変えるために今の会社とかぶっているリップルのシンボルとは別に、オープンソースとしてのRippleのシンボルの制作に着手しています。

目的としては、”Ripple社”と”XRP”との差別化を図るというところにあるみたいです。

現在、ツイッター上で新しいシンボルに関する案を募集しているようですが、結構気軽に参加できるようなので、興味のある人は下のツイッター上から参加してみてください。


宛先はsuggestion@xrpsymbol.comに設定されているようです。
なお、期限は6月1日までに設定されているようです。

スポンサーリンク

リップルはブロックチェーンじゃない説

このリップルに関しては他のアルトコインとはまた違ったシステムを持っています。
中でもアルゴリズムとして採用しているPoS(プルーフオブコンセンサス)と呼ばれるシステム上では、参加者が社内で選考した人間しかいないため、一部の意見としてこの通貨はブロックチェーンとは呼べないと言ったことも言われているようです。

結局、リップルの正体は何なのか、あんまり公にならない情報をまとめてみた
最近リップルに関する話題が多いですね。 当初はビットコインじゃないそれ以外の仮想通貨である、ということくらいしかわからなかったボクも、段々...

リップル自体も公式でのRippleウォレットの提供を停止していたり、金融会社をメインターゲットに絞ってプロジェクトを進めているために、どうしても個人で使うイメージが持てないのが現状です。

ただ、実際には今のbitcoinよりも遥かに早い送金スピードを持っていて、ネットワーク手数料もほぼタダに近いくらい安いため、正直な話、今のbitcoinやイーサリアム以上のポテンシャルを持っています。

リップルコインはちゃんと通貨として機能します。

問題なのは、個人がこのリップルに触れる機会が圧倒的に少ないところ。
まず公式でウォレットがない時点ですでに個人参入者を切り捨てている感が否めません。

なんとか有志の方々によって旧式のRippleウォレットを利用したクライアントタイプのウォレットは存在しますが、それすら一般庶民では知り得ない場所でしか配布されていません。

仮想通貨Ripple(リップル)のオススメの専用デスクトップ(クライアント型)ウォレットのダウンロードと使い方
なんか最近、コールド系のウォレットが(やっと)流行りだしているので、僕が普段から使っているリップル専用のオススメのウォレットを紹介します。 ...

銀行がこの送金システムを採用し始めた今でも、まだ国内の取引所ではほとんどこのコインを扱っておらず、一部のレバレッジ取引所を利用するか、海外の取引所を使って手に入れる他ありません。

Ripple社としては、他の通貨と差別化を図るためにあえて、そういう方向でプロジェクトを進めているのかもしれませんけど。

支払いに特化した仮想通貨なんて今では数多く存在しますしね。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク