ワインはアルパカのロゼがコスパ最強で飲みやすい

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

安かろう、まずかろうという言葉は今のお酒の世界ではもはや通用しないようです。

近年、デイリーワインが普及している中でとりわけ人気の高いシリーズにアルパカと呼ばれるチリワインがあります。
今では殆どのスーパーやコンビニ等によく置かれているデイリーワインです。

アサヒがチリワインのブランド、創業1942年の「サンタ・ヘレナ社」から日本へ発信している格安ワインとして今では庶民に親しまれています。

ただの安物ワインと思われがちなこのシリーズですが、ブランドとしては結構しっかりとしていて、ヴィーニャ・タラパカ (ヴィーニャ・サン・ペドロ・タラパカ)・グループに属しているれっきとしたブランドワインです。

スポンサーリンク

チリワイン〜アルパカ

ブランド:SANTA HELENA Alpaca(サンタ・ヘレナ・アルパカ)
アルコール度数:12 %

現在の国内のラインナップは全部で11種類。
その中でも手頃なものはなんと500円以下で売られています。
高くてもだいたい1000円程度の値段に抑えられているため、かなり手頃な価格であることが伺えます。

中でも人気が高いのは白とロゼ。
また、白はいずれも辛口で揃えられており、ロゼも同じ辛口に設定されています。

おすすめはアルパカのロゼ

とりあえずボク個人のおすすめとなります。

もともとワインはフランスよりもチリ派である僕にとって、この値段で提供されるチリワインでここまで美味しいものは今まであまり出会ったことがありません。チリワインはそもそも価格帯でつまずくことが多いんですよね。

ゆっくり味わうのもいいんですけど、チリワインはつまみと一緒にガバガバ飲みたいので、あっさりしていて値段を抑えたものがいいんですよね。

それでいうと、この500円前後の価格帯のワインは、庶民にとってかなりありがたいはずです。

特にその中でもロゼワインに関しては同価格帯のものと比べて、しっかりと辛口にしてあるため、食事にもよく合います。

通常この手のワインは甘口寄りが多いため、デザートに合うような感じのものが多いですが、このアルパカロゼに関しては普通に肉や魚料理に合うと思っています。

アルパカロゼに合う料理は?

一般的にロゼは白ワインよりと言われているそうで、つまみは淡白な魚料理や生ハムなどが合うそうです。
おすすめは白身魚のムニエルや、ベイクドポテトなど。

肉料理では豚肉のローストなどあっさりしたものが合いそうですね。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク