ビットコインが30分で10万円以上の謎の高騰、一気に13%以上上昇

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

4月13日の午後8時から9時ごろにかけて、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)のチャートに大きな変化が見られています。

ほんの30分程度で、その価格はほぼ真上に向けて高騰。
直前の73万円から約13%上昇し、一気に 1BTC = 80万円 を超える値段まで上昇している状態です。

次にbitFlyerのチャート。
綺麗なペナントを形成して、そこからシナリオ通りに大きく上昇しています。

それに伴い、その他の主要アルトコインも同じように高騰しており、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなどは軒並み10%以上の上昇を見せています。

スポンサーリンク

高騰の原因は?

ビットコインの上げ要因について。

今の所、確実性の高い原因は特定されていないものの、仮想通貨市場に対する売り圧力は、アメリカの税収のシーズンに結びついている可能性が高いとされていたため、これの時期に関連して(おそらくひと段落したのかな?)、アメリカで強い買いが発生しているようです。

次のチャートは国別の取引量の状況。

赤色がアメリカドルの取引量になります。
これで見る限り、アメリカドルの取引量が20時前後に大幅に上昇しているのがわかります。

cryptocompare.com

また関連する事項で、数日前には巨大投資組織を持つ、ソロス氏やロックフェラー氏が、実質的に仮想通貨市場に参加することが話題になっていました。

別のメディアでは、この上昇に関して、今週末に価格が1万ドルを上回れば、トレンド転換の可能性が出てくるとし、逆に8000ドルを下回った場合はトレンドが転換したとはいえず、短絡的なものになると予想しています。
marketwatch.com

イスラム法でビットコイン容認

国内で上げ要因として予想されている事項では、ビットコインがイスラム法で認められるという情報が12日から出回っていおり、ツイッターでもこれが大きく影響したのではないかと言われています。
jp.cointelegraph.com

リンク先の内容として、
「Bitcoinは特定の条件の下でイスラム金融の定義を完全に満たし、一般的にShariah(イスラム法)の下で許可されている」
と言う記事が「Blossom Finance」と言うところから発表されています。

追加の18億人が#bitcoinを購入できるようになりました。#bitcoinはイスラム共同体のためにハラル(合法)であり、イスラム教のコミュニティのための聖なるものです。
サウジアラビア、カタール&アブダビソブリンファンドが暗号市場に参入すことで市場が転換することを期待します。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク