ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)、5月のハードフォークでブロックサイズ拡張とスマートコントラクト実装の可能性

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

Bitcoin ABCで、フルノードクライアントの先導開発者として知られるAmaury Séchet氏は、Bitcoin Cash(BCH)が5月15日にフォークし、ブロックサイズが大きくなり、他の調整も可能になることを確認しました。
ccn.com

この変更は、5月15日に変更されると予測でき、設定されたブロックの高さではなく、MTP(Median Time Passed)に基づいて行われます。最新の11ブロックのタイムスタンプ時の値が、1,526,400,000よりも大きい場合、新しいコンセンサスルールが次のブロックから適応されるそうです。

変更点として挙げられているのは、ブロックサイズとオペコードの2点。

・新しいフォークでブロックサイズが8MBから32MBまで増加。
3月に日本で行われたSatoshi’s Visionでのインタビューでは、拡張の変更を、「Paypalレベルの容量の支払いを可能にした」と言うコメントも残しているそうです(上記リンク参考)。

・オペレーションコードでは、基本的なスマートコントラクトが可能になるように、「Ethereumのような特徴」を導入するとのことです。
どこまでの範囲で導入するのかわかりませんが、これによって将来BitcoinCash系のトークンを作成できたりするんでしょうか。

また、Séchet氏はBitcoin UnlimitedやParityのようなクライアントがBitcoinCashをベースに構築していることに対する支持を表明しています。

Bitcoin ABC:
ビットコインキャッシュの公式クライアントです。
ビットコインではBitcoinCore(ビットコインコア)がベースにありますが、それと同じくBitcoinCashにもベースとしてBitcoin ABCが存在します。

取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク