自動運転中の事故、政府の方針により車の所有者に賠償責任

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

3月30日、日本経済新聞で報じられた内容によれば、自動運転中の車の事故について、原則として車の所有者に賠償責任を負わせる方針にすることを政府が決定したとのことです。
nikkei.com

日本経済再生本部の下で開かれる未来投資会議で「自動運転にかかわる制度整備大綱(大元の意味)」を示しています。
これによって自動運転のレベル3を主体にして、基本的には一般自動車と変わり無いルールになります。

なお、外部からのハッキングによる事故の賠償に関しては、盗難車による事故被害と同様に政府の救済制度を使うそうです。

関連した件では、海外のウーバー・テクノロジーズ社(Uber)がテストしていた自動運転自動車の事故が挙げられます。

ウーバーの自動運転車が実験走行中に死亡事故
米配車サービスのウーバー・テクノロジーズは、試験運転中の自動運転車がアリゾナ州テンピで女性1人をはねて死亡させたことを受け、自動運転テストを...

この件では、自動運転のテスト走行中に道路上で人を死亡させています。
その後の報道では、遺族と早期の和解が成立したと言われていますが、まだ現時点では警察が詳細を調査中であり、今後、試験の再開も無いようです。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク