消費者庁「パズドラ」ガンホーに課徴金5千万円命令

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

28日、消費者庁がゲーム大手「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」に対して景品表示法違反として約5千万円の課徴金納付を命令しました。
news.livedoor.com

現在の法律では課金性のゲームアプリに対して、景品表示法と呼ばれるデジタル商品に関する決まりがあります。
今回の件では、オンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ」の宣伝が同法に違反したものとみられています。

問題となったのは、「フェス限ヒロインガチャ」で排出されるキャラクターが「究極進化」(レベルはそのままで性能だけパワーアップする進化)の対象になると告知していましたが、実際にはほとんどのキャラクターが通常の「進化」(レベル1に戻る)の対象だったということです。

つまり、勘違いさせるような誇大広告をしていたということのようです。

消費者庁ではこれが、景品表示法違反になるとしており、本来の課徴金ではおよそ1億円の支払いとなっていたようです。
ただ、今回はガンホーが自主報告したため半額に減額されています。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク