スターバックスがブロックチェーン技術を活用する可能性

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

米スターバックス(Starbucks)は、コーヒー豆のトレーサビリティにブロックチェーン技術等を使用するためにパイロットプログラムを実施しました。
steemit.com/bitcoin

トレーサビリティとは、物の流通を追跡できる状態のことを差し、追跡可能性とも言われています。
最近の世の中では、遺伝子組み換え食品への懸念や、有機野菜の人気から、原材料の信用性が重要視されています。

そんな中でこのトレーサビリティの重要性が高まってきています。

今回の技術では、2年間の予備計画で、コスタリカ、コロンビア、ルワンダなどの農民からデータプラットフォームを構築することで、どのように農家に影響を与えるかを実証するそうです。

今までは、紙主体の情報伝達やコントロールによって、流通を管理していますが、今後デジタル主体で農家からの流通を管理することを望んでいるようです。

スポンサーリンク

スターバックスとビットコイン

この技術に関して、スターバックスとしてはあくまでブロックチェーンをテクノロジーの一部として認識しており、現時点ではこれを使うからといってビットコインやその他の仮想通貨採用する意向を示しているわけではありません。

とはいえ、現状ではすでに同技術をプロジェクトの中心に掲げている仮想通貨もあるので、今後どのようになっていくかはわかりません。

ブロックチェーンの透明性を利用して、物流関係に役立てるプロジェクトがあったので、今回はそれの紹介をしてみます。 ちなみにこのプロジェクトはリブランドと同時にトークンの種類が増えており、色々と勘違いや混乱している人がいるようなので、その辺も含めて解説していきます。 仮想通貨VeChain(ヴェチェーン:VEN)の特徴 通...

でも、実際実用性を考えると、パブリックブロックチェーンを利用するというのはいろいろと別の問題も出てきそうですが。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク