超初心者がアフィリエイトで稼ぐために。後編、SEOなど。

シェアする

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

このページは、『超初心者がネットで稼ぐために。アフィリエイト入門。』の後編です。

まだ前編を見ていない方は、まずはこちらから。
基本的な立ち上げ方法から説明しています。

超初心者がアフィリエイトで稼ぐために。入門編(前編)
このページは、 そもそもアフィリエイトの意味すらよくわかっていないけど、とにかく始めてみたい。 サイトの作り方など絶対難しいと思って...

ここのページは、

⇨広告をサイトに出して、売る。

の項目からです。ブログの書き方や、広告の張り方など、一番重要な部分ですので、前編と併せて読んでください。


スポンサーリンク

広告をサイトに出して、売る。

内容
①サーバー、ドメイン、wordpressを手に入れる。(前ページ)
②ブログ、記事を書く。

ブログ、記事を書く。

まずはWORDPRESSを編集して、土台を作ります。

編集画面は、ロリポップサーバーから入れます。または自分が作ったアドレスを入れるとで出てきます。

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

ちょっと見づらいですが、ダッシュボードがメインの編集画面になります。

『投稿』ページで記事を書いていくスタイルになると思います。全体の管理は『外観』の項目で設定ができます。なお一部内容がないものがあるかと思いますが、テンプレートやプラグインの導入次第で変わるので、気にしないでください。

実際のサイトとしての見え方は『外観』から『カスタマイズ』を選択すると見ることができます。最初は何もしていないのですごくシンプルだと思います笑

基本的な使い方は、他の一般的なソーシャルメディアの投稿画面と大差ないと思います。直感で触っても十分使えますが、実際にアフィリエイトをするためにはある程度決まった使い方が必要になってきます。今から最低限必要な項目を説明します。


普通はWORDPRESSを加工する時、プログラムコードをゼロから打たないと細かい設定はできません。ですがこのテンプレートとプラグインを使うことで、ボタンひとつで一気にコードを組み込むことができます。

これこそがWORDPRESSが初心者でも使えると言われている大きな特徴です。

ただ、デメリットもあります。
・プラグインは入れすぎるとサイトが重くなる。
・中には悪いプログラムコードが入っているものがある。
です。

とりあえず初めは下の内容に従って入れてみてください。
そっから個人でどんどんと改良をしていくと良いと思います。

1.テーマ、テンプレートを決める。

テンプレートは、サイトの見え方を決めるものです。ここから一気に他の人のサイトのような見え方にします。

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e6%a7%8b%e6%88%90

一例ですがほぼ大体こんな感じです。

サーバー、ドメインを登録した時点で、ある程度サイト名は決まっているかと思います。
どういうサイトにしたいかによって、このテンプレートを選ぶ必要がありますが、最近はSEOに強いテンプレートなども多くあります。(※以降SEO対策という言葉がちょくちょく出てきますが、あとから説明するので、今は理解できなくて良いです。とりあえずあった方が良いとだけ覚えといてください。どうしても今知りたい方は『SEOとは』で)

初めは、最初から入っているものでも構いませんが、ここではアフィリエイトしやすいテンプレートを紹介します。

賢威
2万円4000ちょっとです。様々なサイトで話題に上がっています。いわゆるSEO対策っていうのもしっかりできています。最強らしいです。

THE WORLD
こちらは2万円です。詳しくはサイトまで。

STINGER
ブログに特化しています。

AFFINGER
アフィリエイトに特化しています。

Simplicity
僕が使っています。シンプルで使いやすく、SEO対策も考えられています。

Xerox
サイト型、ブログ型の2種類の無料テンプレートが配布されています。

はっきり言って、有料の方が良いと思います。ただ、最初からいきなり有料版を使うにも、失敗した時が不安でしょうから、最初は無料版で良いと思います。また、僕は上のSimplicityをメインで使っていますので、他のテンプレートのメリットデメリットは実際に使ってみて判断されたほうが良いと思います。

あと、上のものはどれもある程度SEO対策されています。

テンプレートは山ほどありますが、有名なものは上にあげたものが大体です。あと、有料だから稼げる、無料だから稼げない、などということはなく、多くのブロガー、アフィリエイターが無料有料関係なくいろんなものを使っています。儲かる基準が明確に決まっていたらこんなに種類はないと思いますし。

要は相性なのでしょう(見た目に関してはそんなに変わらないかと。。。)。と思っています。
上の、どれでも好きなものを選んでください笑

とはいえ、初めてなら混乱するでしょうから、とりあえず、Simplicityを入れてみてください笑 どうしても有料が良ければ、賢威とかでも構いませんが。

テンプレートの取り入れ方
・最初から入っているテンプレートは、『外観』から『テーマ』で、好きなものを有効化すれば自動で変わります。
・上の無料版は、最初からWORDPRESSには入っていないので、テンプレートの名前を検索して、そこのサイトからテンプレートのデータをダウンロードします。そのダウンロードファイルを圧縮(zip化)して、WORDPRESSの『テーマ』内の『新規追加』から『テーマのアップロード』で圧縮データを入れれば、有効化できます。
・有料版も上の無料版と同じ要領です。有効化したらテンプレートは完了です。

一度『外観』から『カスタマイズ』を選択して、一度テンプレートが働いているか確認してみてください。いろいろ配置が変わっていると思います。ここからさらに項目を作っていきますが、まずは先にプラグインをとってしまいましょう。


2.プラグインを使う。

次はプラグインを落とします。

プラグインの取り方は、『プラグイン』の『新規追加』で『プラグインの検索』に下の名前を入れればその項目が出てきます。それを『今すぐインストール』、『有効化』すると取り入れは完了します。

Akismet
基本です。セキュリティーの強化をします。スパムコメントをシャットアウトします。最初から入ってますので、有効化を。

All In One SEO Pack
SEO対策をできます。とりあえず入れてください。

Google XML Sitemaps
重要です。グーグルに気に入られるためのプラグインです。

PS Auto Sitemap
こっちのサイトマップは、人を案内するためのものです。

Contact Form 7
お問い合わせ欄を作ります。

WP Social Bookmarking Light
今話題のブックマーク、シェア関連の項目を自動で作るプラグインです。

とりあえず全部取りましょう。もちろん有効化を忘れずに。


3.Search Console、Googleアナリティクスに登録する。(SEO対策)

サイトを作る分には必要ない項目ですが、アフィリエイトを進めるとなるとこの二つが絶対必須になってきます。アフィリエイトとSEO対策は離しては考えられません。SEO対策とは、要はサイトが目立つようにするための対策です。

広告を見てもらうにはまず、サイトに入ってもらわないといけません
⬇︎
サイトに入ってもらうには、そのサイトを検索上位に表示させなければいけません。
⬇︎
サイトを検索上位に表示させるには、検索エンジンに気に入ってもらわなければいけません。

この、Search Console、Googleアナリティクスは、検索エンジンへの挨拶だと思ってください。まずは存在を検索エンジンに知ってもらいます。

Search Consoleに入る。

Search Console(ウェブマスターツール)にまずは入りましょう。
まずは検索して、アカウント登録をします。googleアカウントなので持っていればそのままログインできます。

⑴『プロパティを追加』で、自分のサイトのURLを入れます。

⑵『所有権を確認をします』の『別の方法』で『HTMLタグ』を選びます。

⑶ここから少しコードを触ります。
まず、表示されたコードを<〜>までコピーします。

⑷WORDPRESSに戻って『外観』、『テーマの編集』を選んでください。
ごちゃごちゃしていますが、右のテンプレートからテーマヘッダー(header.php)を探しだしてください。

⑸『テーマヘッダー(header.php)』をクリックすると、そのコードが表示されます。その中から</head>を探して、そのすぐ上に先ほどコピーしたものを貼り付けます。</head>は下の方にあると思います。

貼ったら忘れずに『ファイル更新』をしてください。

⑹Search Consoleに戻って『確認』を押してください。『所有権が確認されました』と出れば完了です。

これでとりあえずSearch Consoleには入れました。
Search Consoleはできることがたくさんあります。内容はこちらで確認して設定をしてください。

Googleアナリティクスに入る。

検索して、アカウント登録をします。こちらもgoogleアカウントなので持っていればそのままログインできます。

⑴『申し込み』をしてください。

⑵新しいプロパティの、『ウェブサイト』を選択、サイト名とURL、業種は紹介したい内容をざっくり選んでください。タイムゾーンは日本にします。データ共有設定はそのままで構いません。

⑶『トラッキングIDを取得』をクリックします。これも先ほどのSearch Consoleのコードと同じで<〜>までをコピーして、これをWORDPRESSの先ほどと同じ</head>手前に貼り付けてください。貼ったら忘れずに『ファイル更新』をしてください。

⑷Googleアナリティクスに戻って、『レポート』をクリックしてください。これでGoogleアナリティクスも完了です。ここではサイト訪問者の数を見ることができます。(時間が最低24時間以上たたないと反映されません)
内容はこちらで確認して設定をしてください。

※この2つのアイテムはアフィリエイトをする上で大変便利です。操作方法や機能の活用はここではとても説明できる量ではないので、今回は最低限の内容のみにさせていただきます。
これからはじめる SEO内部対策の教科書


4.サイト内を整える。

基本として、サイトに必要なものは

トップ画面
サイドバー

サイトマップ
プロフィール
お問い合わせ
カテゴリー(投稿記事を種類でまとめているもの)
記事

このくらいだと思います。

トップ画面
最初は今の状態でも良いと思います。あるいは『設定』の『表示設定』内の『フロントページの表示』を、事前に作成した『固定ページ』に切り替えることで、固定ページをメイン画面に持っていくこともできます。

サイドバー
『外観』、『ウィジェット』内の『サイドバーウィジェットエリア』に表示させたい項目を出し入れできます。プロフィールやカテゴリーなどはここに入れておけば良いでしょう。プロフィールはテキストで項目を作って入れてください。

サイトマップ
サイト内の記事などの内容項目を並べて表示したもので、サイト全体を見通すために必要なものです。このサイトマップは、人間用とコンピュータ用の2種類があります。これらはプラグインで一気に作ります。

・コンピュータ用サイトマップ
プラグインGoogle XML Sitemapsを使います。
まず、『投稿』でなんでもいいので一個テスト投稿してください。投稿したら『設定』から『XML Sitemaps』を選びます。

『検索エンジンにはまだ通知されていません』と出ているはずです。ここで、『your sitemap』をクリックします。下にsitemap.xmlと出てくるはずです。

Search Consoleを開き、『サイトマップの追加テスト』でそのsitemap.xmlを入れてテストを押してください。
これでサイトマップを検索エンジンに送ることができます。

・人用サイトマップ
プラグイン『PS Auto Sitemap』を使います。
『設定』から『PS Auto Sitemap』を選びます。『ご利用方法』のコードをコピーします。
固定ページのテキスト欄に貼り付けます。(テキスト欄にです。ビジュアル欄ではありませんのでご注意を。)

これでサイトマップが自動で作られます。一度見て確認しましょう。

お問い合わせ欄
プラグイン『Contact Form 7』を使います。
このプラグインを入れれば自動で『お問い合わせ』という項目が出てくると思います。
そこの新規作成をクリックしてタイトルを入れて保存すると自動でお問い合わせ項目の内容が作られます。

保存したらタイトルの下にコードが出てくると思います。これを好きなページのテキスト欄にコピーするとそのページが自動でお問い合わせページになります。わざわざページにしたくないのであれば、このコードを『サイドバーウィジェットエリア』に、テキストとして入れ込む手もあります。そうするとサイドバーにお問い合わせ欄が追加されます。

カテゴリー
内容は『投稿』の『カテゴリー』で作れます。ここのスラッグという項目はPCに見せる内容になりますので、英語で意味を入れましょう。

一応これであとはどんどん記事を書いていけばいい状態になりました。


5.投稿する。(広告を貼る)

実際に投稿します。WORDPRESS内の『投稿』、『新規追加』で記事の投稿ができます。投稿欄は『ビジュアル』と『テキスト』があると思いますが、コードを入れる先は必ず『テキスト』になります。そちらでないとコードは機能しませんので、お間違いなく。

『固定ページ』は、投稿記事ではなく、あくまで固定用として、メイン画面に入れたり、プロフィール用に使うと良いと思います。

なお、ここでは投稿記事の見せ方に関しては文字数が多くなりすぎるので、細かくは説明しません。(後日時間があれば記事におこします。)ただ、ここは感覚で触っても良いかと思います。(僕もそうでした。)

一つだけ重要なことを説明しますと、記事内の見出しは<h1、h2、h3、h4、h5>タグをつけることをお勧めします。SEO対策です。

ここからはコードが嫌でも徐々に入ってきますので、一個ずつ覚えていってください(とはいえタグコピペで良いのですが)。もちろん僕もまだ全てを理解しているわけではないので、これはやりながら覚えていけば良いかと思います。

一例として、

%e8%a6%8b%e5%87%ba%e3%81%97
このように、大きい見出しから小さい見出しの順に、h1➡︎h2➡︎h3➡︎h4➡︎h5と付けていきます。
最後に記事に広告を貼りつける作業を紹介します。

まず、広告を提供しているサイトですが、

Amazonアソシエイト
A8.net
バリューコマース

このくらいのサイトに登録すればいいでしょう。

やり方のみで言えばいたって簡単で、記事の一部に広告のコードつける作業のみで、自動で広告が貼っつきます。(詳細は各サイトに説明があります。)リンクの貼り付けとやり方は同じです。

例えば、A8であれば、

プログラム検索で、好きな広告を探し出し、その広告を『提携申し込み』します。
早いものはすぐに承認されますので、『プログラム管理』、『参加中プログラム』でその広告のコードをコピーしてページのテキストに貼り付けましょう。

これだけです。

ここまでの説明で大体分かると思いますが、大変なのはSEO対策です。

とにかくサイトに客が入らなければ意味がないので、このSEO対策は誰もが悩むところだと思います。
というかこれができれば、みんな苦労はしません。。。( ;  ; )

後半が大雑把な部分がありますが、、、
とりあえず以上でサイト作りからアフィリエイトまでの一連の流れになります。なぜ後半が大雑把かと言いますと、僕自身そもそもまだ完全に把握しきれていない部分があることと、wordpressの内容がそもそも膨大であることが原因です。これらは今後機会があれば出来る限り記事に詳細な内容をあげたいです。

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます。一応下にアフィリエイト関連の関連キーワードをあげておきますので、そちらもぜひご自分で調べてみてください。オススメ本もいくつか挙げておきます。

topへ


・ビックワード、ミドルワード、スモールワード
・ブルーオーシャン、レッドオーシャン
・ロングテールSEO
・ペンギンアップデート

時間があれば詳細も記載する予定です。

SEO対策とは

まず、一応意味としては、『検索エンジン上で、特定のキーワードで検索した際に上位に表示されるための対策』です。つまりSEO対策とは『どうやったらみんなに見てもらえるかの対策』です。どこのサイトでも説明が上がっているこの言葉ですが、多分どこもはっきりとは言っていません。なぜなら対策内容がはっきりこれ、と決まっていないからです。決まっていれば、『対策』なんてふわっとした名称ではなく、もっと具体的な名称がつけられていたかもしれませんし。。。そして何より検索した際の、表示順を決める検索エンジンさんの思考回路がどんどんと改良されている、ということがこの対策の位置付けを固定できない理由です。一応概要を説明しますと、

SEOには

外的SEO
外部リンク(他のサイトからのリンク)をいっぱいもらうことで、人気があると思わせる。
内的SEO
サイトの内容を充実させる。
の2種類があります。

詳細はここではとても説明できないので、勉強したかったらこちらを。
これからはじめる SEO内部対策の教科書

・検索エンジンとは
Google、Yahoo、Microsoftなどが有名です。
ロボット、クローラーなどと呼ばれるプログラム、機能が自動でネット上のサイトを見て回り、検索されたキーワードをもとに、検索結果を順番に表示させます。表示させる順序は、その検索エンジンのアルゴリズムで選出されます。サイトが検索エンジンに登録されることをインデックスと言いますが、できたばっかりのものはすぐにはインデックスされません。ですので、ここで説明したSearch Console、Googleアナリティクスに登録してインデックスを早める必要があるのです。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク