ベネズエラ政府が国民向けの仮想通貨(ペトロなど)スクール開設

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ベネズエラ政府が「仮想通貨について国民を教育するトレーニングセンター」として、仮想通貨の売買およびマイニング方法を教えるための学校を同国の首都カラカスに開設したとTelesur TVが報道しました。
coinchoice.net

首都カラカスに設立された「GRANJA LABORATORIO PETRO SCHOOL」で、ベネズエラ国民は仮想通貨(cryptocurrency)の購入、売買、鉱山(マイニング)の方法、暗号経済の仕組みを学ぶことができます。なお、学校は、ベネズエラ人へのペトロコースを無料で提供しているとのこと。

ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」、初回発行をNEMプラットフォーム上で開始
2月20日、ビネズエラで予定されていた国発行の独自の仮想通貨「ペトロ(Petro)」の発行が開始されました。 今回の売り出しは機関投資家向...

石油の価値に裏付けされたペトロはすでに販売を開始しているが、国内外で一部の人々はこれを懐疑的な目で見ています。
ベネズエラ国会ではこれを違法と断言しているとの話もあります。

なお、ペトロのマイニングは国の審査によって国民から選出する意向を示しています。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク