【2018年最新】国内でオススメされている仮想通貨取引所10箇所の比較

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

仮想通貨の規制からコインチェック事件、暴落まで一通りの騒動が一段落して、市場では僕が扱っていなかった新たな取引所が台頭に出始めています。
今回はそれらの国内取引所をまとめて、解説していきます。

なお、ここでの解説は「仮想通貨交換業者登録」に登録済みの業者に限ります。

スポンサーリンク

国内取引所の取り扱い通貨比較

まずは国内取引所で扱っているビットコインとアルトコインの種類をまとめてみます。

※1:採用予定
 通貨数通貨種類送金可能通貨
bitflyer7BTC、ETH、ETC、
LTC、BCH、MONA、
LISK
全て
GMOコイン5BTC、ETH、LTC、
BCH、XRP
全て
BITPoint5BTC、ETH、LTC、BCH、
XRP※1
BTC、ETH、LTC、BCH
QUOINEX8BTC、ETH、ETC、LTC、 
BCH、XRP、XEM、QASH
全て
bitbank6BTC、ETH、LTC、BCH、
XRP、MONA
全て
BitTrade6BTC、ETH、LTC、BCH、 
XRP、MONA
全て
BTCBOX4BTC、BCH、ETH、LTC全て
フィスコ仮想通貨取引所6BTC(ビットコイン)、
MONA、BCH、FSCC、
NCXC、CICC
全て
Zaif15BTC、BCH、MONA、ETH、
COMSA、XCP、ZAIF、BCY、
JCX、PEPECASH、FSCC、
CICC、NCXC、Zen、EM
全て
DMM Bitcoin7BTC、ETH、XEM、XRP、LTC、
ETC、BCH
BTC、ETH

Zaifの取扱量が多い気がしますが、実際は大半がCounterpartyトークン(手作りトークン)です。
「DMM Bitcoin」はどちらかというと、FXトレード寄りなので、仮想通貨の送受信数は限られています。

国内取引所の手数料比較

実際手数料はどれもだいたい同じです。
取引所と販売所を混在して間違えないようにしてください。

※1:送信手数料は記載がない場合はマイナー報酬料金に依存します。
※2:通貨料金にスプレッド(手数料)が含まれます。
※3:メイカー=指値、テイカー=成行
取引所の手数料を優先して表示しています。
 ビットコイン取引手数料アルトコイン取引手数料出金手数料
bitflyer0.01% ~ 0.15%0.20%540(3万円未満)
756円(3万円以上)
GMOコイン無料※2無料※2無料
BITPoint無料無料実質324円
QUOINEXBTC/JPY:無料0.25%
(ETH通貨ペアは0.10%)
500円
bitbankBTC/JPY:0.05%0.25%※3540(3万円未満)
756円(3万円以上)
BitTradeBTC/JPY:0.2%0.2~0.7%※3648円
BTCBOX無料0.2%出金額の0.5%(最低400円)
フィスコ仮想通貨取引所BTC/JPY:無料0~0.3%※3350(50万円未満)
756円(50万円以上)
ZaifBTC/JPY:-0.01~-0.05%
(もらえる)
0.01~03%※3486(3万円未満)
594円(50万円以上)
DMM Bitcoin無料無料無料

国内取引所の個別解説と評価

次は個別に解説していきます。

bitflyer


公式サイト:bitFiyer
初心者向け
コストの良さ
スピード
安定具合

・通常取引
簡単取引:BTC(ビットコイン)
Lightning:BTC、ETH、BCH
上記の二種類が存在します。ビットコイン取引手数料は0.15%~0.01%、ETH、BCHは0.2%
・レバレッジ取引
Lightning FX:BTC 15倍
証拠金維持率が50%を下回った場合、ロスカット。
売買手数料は無料ですが、スワップポイント(実質ポジション維持手数料)0.04%/日がかかります。
・販売
BTC(ビットコイン)、ETH、ETC、LTC、BCH、MONA、LISK

先物取引(BTC)有り
クイック入金有り:324円

出金手数料540/756(3万以上)、三井住友銀行の場合:216~432円(3万以上)でいずれも1~2日かかります。
ビットコイン送付は現在は0.0008BTC固定。

bitFlyerのメリットとデメリット

取引方法が他と比べて若干複雑ですが、取引所としての規模は現時点ではもっとも大きいところの一つです。

実際アメリカ(bitFlyer USA)とヨーロッパ(bitFlyer EU)に進出しており、海外メディアにも評価されています。

だた、過去に仮想通貨の変動の影響で、販売所の手数料がめちゃくちゃなことになったことがあります。

基本的には販売所自体を推奨していないのですが、どうしてもこれを使いたいなら別の取引所選ぶことをお勧めします。

逆にFX中心の取引所を探しているなら、流動性が大きいここがお勧めになります。

僕の場合は、ここを通貨の中継地点として使っています。
送金と受信にそれほど時間がかからないので、アルトコインの変換にも活用しています。

・・・ぶっちゃけ正直な話、アルトコインは海外で購入して、円へ変換のためにbitFlyerをほぼ100%利用します。

他の国内取引所は似たり寄ったりでほぼ使っていないのが現状ですね。

GMOコイン


公式サイト:【GMOコイン】

初心者向け
コストの良さ
スピード
安定具合

・通常取引:なし
・販売
仮想通貨現物売買:BTC、ETH、LTC、BCH、XRP
・レバレッジ取引
仮想通貨FX:BTC 5倍
証拠金維持率が75%を下回った場合、ロスカット。
取引手数料は無料ですが、ポジション維持費0.05%/日がかかります。

出金手数料は無料で1~2日かかります。
仮想通貨取引手数料自体は無料で、入出金自体に業者が手数料をかけることはありません。

GMOコインのメリットとデメリット

GUIがよくて画面がシンプルで見やすく、初心者向けと言えます。この辺はさすがです。

ただし、公式でも言っている通り、取引所とは違って間にGMOコインが入ります。

取引通貨は取引手数料自体は無料ですが、実際に調べるとスプレッド(買いと売りの差額)で最大5%くらい取られています。

もちろん指値取引もできないようになっています。

個人的には、知らないところでしれっと手数料をとっているところから、FX時代からGMOは嫌悪しています笑。

あくまで入門といった感じです。

売り規制や突然の規約改定など、なかなか不安な行動が見られますが、「自分が保護されている」と思うかどうかの問題でしょう。

中央集権の象徴とも言えるような取引所です。
nfofreestyle.com

BITPoint(ビットポイント)


公式サイト:bitpoint
初心者向け
コストの良さ
スピード
安定具合

・通常取引
仮想通貨交換:BTC、ETH、LTC、BCH、及びXRP(採用予定)
売買手数料は無料。
・レバレッジ取引
レバレッジ取引:BTC 25倍
ビットポイントFX取引:BTC/JPY,USD,EUR,HKD 25倍
証拠金維持率が100%未満でロスカット。
売買手数料は無料ですが、スワップポイント(実質ポジション維持手数料)0.035%/日がかかります。
・販売:なし

法定通貨(JPY)即時入金サービス有り
出金手数料324円で最低2日以上かかります。

BITPointのメリットとデメリット

運営企業はリミックスポイントという電力・エネルギー事業主体の会社で、2004年に設立されています。

ここの強みは大きく2点有ります。

一つは専用MT4(Meta Trader4)を使用可能というところ。FXを触ったことがある人は知っているかもしれませんが、これは世界共通のトレードツールであり、この手の業界ではもっとも使いやすいツールと言われています。正直僕もツールだけはこれを使いたいです。

二つ目は仮想通貨送信の手数料が無料だということ。
通常かかるであろうマイナー報酬手数料は会社が負担してくれます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)


公式サイト:取引手数料0円!【QUOINEX】
初心者向け
コストの良さ
スピード
安定具合

・通常取引
現物取引:BTC(ビットコイン)、ETH、ETC、LTC、BCH、XRP、XEM、QASH
取引手数料はイーサリアムベースで0.10$、アルトコインベースで0.25%かかります。
・レバレッジ取引
レバレッジ取引:25倍
BTC/JPY,USD,EUR,AUD,SGD,HKD,CNY,IDR,PHP,INR
QASH/JPY,USD,EUR,SGD,IDR,BTC,ETH
ETH/JPY,BTC
証拠金維持率が110%を下回った場合、ロスカット。
取引手数料は無料ですが、ポジション維持費0.05%/日がかかります。
・販売
BTC(ビットコイン)、ETH、ETC、LTC、BCH、MONA、LISK

先物取引(BTC)有り

出金手数料500円で、依頼日から原則として3銀行営業日かかります。
仮想通貨送信手数料は無料で、依頼日から原則として2銀行営業日かかります。

QUOINEXのメリットとデメリット

運営会社はQUOINE Pte. Ltd.で2014年に設立。
アドバイザーやディレクターには三菱UFJフィナンシャル・グループ、ソフトバンクグループ株式会社の関係者などのそうそうたるメンバーが揃っています。

取引画面は、初めて触る人にとっては若干見にくいかもしれません。

何気にここも仮想通貨送信手数料が基本無料になっています。
国内ではもっとも海外とのつながりが強い取引所と言われており、独自の方法で海外取引所を繋げる技術を開発しています。

世界の取引所をまとめるLIQUIDの仮想通貨QASH(キャッシュ:QASH)とは? 特徴や将来性、チャートなど
ビットコインは辛い時期に入りましたね、 今回はかなりの暴落っぷりのようですが、そもそも今まで上がりすぎっていう感じでしたよね。 そん...

そのため、評判ではスプレッドが小さめと言われていますが、別の情報では逆に大きいとも言われています。

実際マーケットを見ると、参加者がまだ少ないことから後者が正しいのかもしれません。

また、取引画面になぜかNEO,ONG,DASH,UBTCなどの通貨が並んでいます。
はっきりとした情報がないのでわかりませんが、これは近日採用する予定のものなのかもしれません。

一見取引通貨が多いためそれがメリットにも見えそうなんですが、残念ながら現時点では流動性が皆無です。

一番のデメリットとしては、仮想通貨の送金にまで日単位で時間がかかることです。
入出金を審査しているとはいえ、この時間はちょっと長すぎる気がします。

bitbank(ビットバンク)


公式サイト:bitbank
初心者向け
コストの良さ
スピード
安定具合

・通常取引
トレード:BTC、ETH、LTC、BCH、XRP、MONA
・レバレッジ取引:なし(別サイトにて取り扱い:bitbank Trade)
・販売:なし

出金手数料540/756(3万以上)で1~2日かかります。
取引手数料は現在すべて無料になっていますが、通常は通貨によって0.05~0.7%ほどかかるようです。

bitbankのメリットとデメリット

ビットバンク株式会社は2014年5月に設立されました。
現在はキャンペーンをやっており、2018年3月31日までは取引手数料が無料になります。

最近目立ち始めたばかりで特に目新しい特徴もない気がします。
純粋な取引所を使っているので変な上乗せ価格はないですが、それで選ぶなら他の取引所でも十分です。

ただ、目立ったデメリットもないため、アルトコインの取引所としては無難といえば無難かもしれません。また貴重なリップルなども扱っているため、選択の余地はありそうです。

ちなみにここはレバレッジ取引を別サイトに「bitbank Trade」に開設しています。こちらは完全にビットコイン用のレバレッジ(20倍)取引所となっており、送受信はビットコインのみに限られます。

BitTrade(ビットトレード)


公式サイト:bittrade
初心者向け
コストの良さ
スピード
安定具合

・通常取引
取引所:BTC、ETH、LTC、BCH、XRP、MONA
・レバレッジ取引:なし
・販売:なし

出金手数料648円で1~2日かかります。
仮想通貨取引手数料は0.2~0.7%です。

BitTradeのメリットとデメリット

運営元はビットトレード株式会社で2016年9月12日設立です。

bitbankと業務提携をしているらしく、取引画面はかなり類似しています(なので評価は同じです)。

その代わり、それぞれの仮想通貨取引板は統合されており、流動性は合体しているようです。
参考:hajihaji-lemon.com

こちらも正直大きな特徴がないですね。
うーん、どういうつもりで運営しているんだろうか?笑

取引手数料が期間限定でお得な分、bitbankの方がいいのかもしれません。

BTCBOX


公式サイト:btcbox
初心者向け
コストの良さ
スピード 不明
安定具合

・通常取引
簡単取引:BTC、BCH、ETH、LTC
・レバレッジ取引
信用取引:BTC 3倍
証拠金維持率が110%を下回った場合、ロスカット。
取引手数料は無料ですが、ポジション維持費0.05%/日がかかります。
・販売:なし

出金手数料0.5%、最低400円、所要日数は不明。
取引手数料は0~0.2%です。

BitTradeのメリットとデメリット

取引所はなんだかできたばかりのようで、なんだか物足りなさが目立ちます。

とにかく情報が少ないです。

チャートは精密モードがありますが、取引自体は不安になる程、動きがなく、板が薄い割に重いです。

フィスコ仮想通貨取引所


公式サイト:fcce.jp
初心者向け
コストの良さ
スピード
安定具合

・通常取引
現物取引:BTC(ビットコイン)、MONA、BCH、FSCC、NCXC、CICC
取引手数料は0~0.3%です。
・販売:BTC、MONA
・レバレッジ取引:なし

先物取引(BTC)有り
クイック入金有り:324円

出金手数料は350/756(50万以上)で1~2日(原則2営業日以内)かかります。

フィスコのメリットとデメリット

こちらはジャスダックに上場する株式会社フィスコ(FISCO)を母体とする仮想通貨の取引所で、Zaifと提携しています。

上場企業が上にいるというだけで、若干の安心感はありますが、本家Zaifと比べると、性能ではどうしても見劣りします。

・・・なんだか性能が抜けたZaifって感じです笑

Zaif


公式サイト:Zaif
初心者向け
コストの良さ
スピード
安定具合

・通常取引
現物取引:BTC(ビットコイン)、MONA、BCH、XCP、ZAIF、BCY、JCX、PEPECASH、FSCC、CICC、NCXC、Zen、EM、ETH、Comsa
取引手数料:0~0.3%(ほとんどの場合は0.1%)
・レバレッジ取引
AirFX:BTC 25倍
信用取引:7.77倍 BTC/JPY,MONA/JPY
証拠金維持率が30%を下回った場合、ロスカット。
取引手数料は無料ですが、ポジション維持費0.039%/日がかかります。
・販売:BTC、MONA

先物取引(BTC)有り
Zaifコイン積立(BTC)あり
ペイジー入金有り

出金手数料486/794(3万以上)で1~2日かかります。

Zaifのメリットとデメリット

初めてで迷うならとりあえずここにするべきっていうほど、この取引所はおすすめできます。

ちょっとも昔までは、とにかく画面がわかりづらいっていうイメージしかなかったんですが、今では運営実績、安定性、規模、流動性、サービス、どれをとってもトップクラスになっています。

XEMやMONAをいち早く採用した取引所でもあり、今のすべての国内取引所の取り扱い通貨における一つに基準になっているくらい認知度が大きいです。

逆にその分仮想通貨業界の影響はダイレクトに受けます。
現時点では仮想通貨を送金の一部に規制がかかっているようですね(送金先を登録することで解除可能)。

DMM Bitcoin


公式サイト:bitcoin.dmm.com
初心者向け
コストの良さ
スピード
安定具合

・通常取引
現物取引:BTC、ETH
取引手数料:無料
・レバレッジ取引
FX:5倍 BTC、ETH、XEM、XRP、LTC、ETC、BCH
証拠金維持率が80%を下回った場合、ロスカット。
取引手数料は無料ですが、ポジション維持費0.04%/日がかかります。
・販売:なし

クイック入金有り:無料

出金手数料無料で3日程度(ご依頼後3銀行営業日以内)かかります。
※ETHのマイナーへの手数料は0.001固定

DMM Bitcoinのメリットとデメリット

運営会社は超大手の株式会社DMM.comです。

ここではPC版取引システムとスマートフォン版取引システムアプリを別途用意しています。

FXトレードが中心のため、レバレッジを効かせた取引が主体になります。
FXになれた人にとっては比較的簡単に扱えると思いますが、逆に仮想通貨取引所として考えると、正直ちょっと扱いづらいかもしれません。

国内では数少ないアルトコインのレバレッジ取引ができますが、非常に残念ながらほとんどの通貨は送受信できません。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク