FBIなど米情報機関、Huawei(ファーウェイ)とZTEの端末を使わないよう警告

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

今週の初めに、FBI、CIA、NSAなどの情報機関トップ6人が中国のスマートフォンメーカーHuawei、ZTEに対する監視の懸念を再確認した。
2012年からすでに下院情報委員会は「両社の中国政府とのきわめて密接な関係は重大なセキュリティー・リスクとなり得る」と判断しており、これを受けて、翌年から両社はアメリカ政府機関に対してスマートフォンを販売することを禁止されていました。
techcrunch.com

各キャリアが国に密接に関連していることから、「情報を不正に改ざんしたり盗んだりする機能」や「密かにスパイ活動を実施する機能」を提供するのではないかという懸念があるそうです。

一方Huaweiは政府の購入禁止措置を「アメリカにおけるビジネスを禁止しようとする」ものだと非難しており、「Huaweiはアメリカ以外の170カ国の政府と消費者に信頼されている。私たちは共通のグローバルサプライチェーンと生産能力を備えている。」と述べて反論しています。

もちろんそのような証拠は上がっておらず、逆にあれば国際問題に発展しているでしょう。
また、このことに関する意見では、国内の一部の記者からは懸念と反感を買っています。
zdnet.com


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク