コインチェックハッキング事件に北朝鮮が関与か

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ソウル聯合ニュースより、
韓国情報機関・国家情報院(国情院)は5日の国会情報委員会で、北朝鮮が少なくとも2カ所以上の韓国の仮想通貨取引所にハッキングを行い、260億ウォン(約26億円)相当の仮想通貨を奪ったと報告した。また日本で発生した580億円相当の仮想通貨が不正流出した事件も北朝鮮によるものとみられると指摘した。
chosunonline.com

北朝鮮ではここ最近になって、ビットコインを含む仮想通貨のハッキングに関与したと思われる事例が幾つが挙げられていますが、今回のコインチェックにおけるNEMの大規模な流出問題では、同じハッキング組織によるものではないかと指摘しているそうです。

以前まででも、いつくかの事件はセキュリティ会社によって形跡が特定されています。

仮想通貨ビットコインが北朝鮮ハッカーに狙われている
北朝鮮は制裁が強化された場合に備え、ビットコインなど仮想通貨をため込もうと活発に動いている様子だ。 bloomberg 米サイバーセキュ...

主な手口としては、会社の求人応募に装いウイルスが入ったメールを送信する方法が挙げられています。

また、韓国の有名企業が開発したセキュリティーを無力化する技術を使用しているとの予測も出ています。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク