【Apple】iPadアプリがMacで使用できる環境の構築に着手、iOSとの共通化も視野に

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2018年年内に、タッチスクリーン搭載の「iOS」デバイスと「Mac」コンピュータの両方で利用できるアプリケーションの開発が可能になるかもしれないという情報が入りました。

現在Apple社のアプリケーションはスマートフォン、iPad主体の「App Store」とMac主体の「Mac App Store」にわかれており、完全なプラットフォームの一本化まではできていない状態ですが、今年に入り、「Marzipan」と呼ばれるコードネームとともに新たな噂が浮上してきています。

それがタッチスクリーン搭載のiOSとMacOSとの共通のアプリケーションの開発。
具体的にはMacOS上でiPadアプリを動作させるとの計画だそうです。

情報元:
bloomberg.com
axios.com

タッチ機能をどうやって実装するかなど、細かな点はまだ不明ですが、上記の情報ではAppleはiOSアプリをMacで利用できるようにする計画を今も遂行中ということです。

現在Macでは、ビジネス系や仕事効率化系のアプリが中心となっていますが、これによってゲーム、エンターテイメント系の数多くのアプリが新たに使えるようになるかもしれませんね。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク