米国商品先物取引委員会(CFTC)がBitfinex、Tetherに召喚状を送付、いったい何が起こっているのか?

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

仮想通貨Tether(テザー)の検索量が急激に増えています。
いったい何が起こっているのか、原因をちょっと調べてみました。

Tetherとは、仮想通貨でありながら、価格が常に法定通貨と同等の状態に保持されるかなり特殊な通貨として最近いろいろと影で話題になっています。

値動きしない仮想通貨Tether(テザー)とは?
値動きの激しいことで有名な仮想通貨の中にポツンと全く値段が変わらない(具体的にはずっと1ドル)通貨があります。 それがこの仮想通貨Teth...

税金こそ、今ではある程度法整備されていますが、以前まではここに入れておけば価格変動リスクなしで仮想通貨を保持できるとの噂もありました。

今でも通貨間交換による税金は取られるものの、急激な変動リスクを軽減できる「一種の避難所」としての見方があります。

スポンサーリンク

通貨による裏付け

Tetherでは、仕組みとしてそれを買った時点での通貨の価値を、受け取った現金で担保します。つまり会社であるTether Limitedがユーザーからそのまま引き換えにもらった通貨を保管しておくことで、Tether自体の通貨価値を裏付けている状態にしているそうです。

もっと噛み砕いて言うと、Tetherと法定通貨を交換して、Tether Limitedがもらった通貨は手をつけずに置いておく、ということになります。

裏付けがなくなる可能性

ここで問題になっているのは、同社がもらった通貨でビットコインを買っていたのではないか?ということ。

さらに一部の批判ではビットコインの価格引き上げにこの通貨が使われているのではないか?という可能性が指摘されています。
coindesk.com

普通に考えると、ビットコインや他の仮想通貨は民衆の需要によって価格が決定されることに対して、この通貨に限っては同会社の信用が全てです。となるとユーザーは銀行でも国でもない一民間企業「Tether Limited」を信用した上でこの通貨を持つことになるわけです。

今回の招集の件ではこれに関したもので、ちゃんと裏付けされているかどうかの調査です。

BitfinexとTetherの関係

正式に公表はしていませんが、どうやらTether関係者の一部がBitfinexの主要メンバーと同じ人であることが判明しているようです。bloomberg.com

そういうわけでどのようにお金が流れているかの様々な憶測が出てきています。
本当にTetherは顧客の資金をちゃんと保存しているのか?
実は影でBTC変換に消費されていないのか?

要するに「裏付けの金を勝手に使うなよ」って話ですかね。

さて、個人的にはBitfinexはともかく、Tetherには僕は今まで触れていません。
ただ、やっぱりビットコインが急落するたびに明らかにテザーの取引量が急激に増えています。

わかりやすいなあ・・・。


僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク