マクドナルドのダブルビーフダブルチーズバーガーは「ダブダブチ」で注文したほうがいいワケ

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

どちらかといえばバーガーキング派の僕ですが、久しぶりにマックの現状の実力が見たかったのでちょっと試しに買ってみました。

普段からマクドナルドではいろんなキャンペーンをやっていますが、今回のものは「ダブチを超えろ!」というテーマでやっている新商品の提案のようですね。

ダブチといえば「第1回マクドナルド総選挙」人気投票No.1に輝いたことで有名です。
今回はそのシリーズの最強の挑戦者と銘打って、新しく期間限定で「ダブルビーフダブルチーズバーガー」、通称ダブダブチを販売しています。

写真を見る限りかなりの存在感ですが、実際に購入してみるとこんなもんです。
まず見た目での感想としては、普段バーキンを活用している僕からすると、「まあ、こんなもんだよね」って感じです。

スポンサーリンク

ダブダブチ(ダブルビーフダブルチーズバーガー)の基本情報

製品名:ダブルビーフダブルチーズバーガー

販売期間:1/29(月)~2/6(火)までの9日間
価格:420円(セット720円)
標準製品重量:253g/個
エネルギー:668kcal

2枚のチーズに4つのビーフパティ、ダブルチーズバーガーの改良版。

カロリーはなんとこれ一個で標準ペヤング(554kcal)よりも高いです。
ちなみにこれ3つで世人男性1日分のカロリーになるようです。急にカロリーが必要になった時には便利かもしれませんね笑

しかし、相変わらず撮影写真は綺麗ですね。

注文では「ダブダブチ」と頼んだほうがいいワケ

さて、購入方法にあたって、少なからず一部のユーザーから声が上がっていること。
それは注文時になんて言えばいいのか?

最近のマックを見る限りでは「ベーコンポテトパイ」を「ヘーホンホヘホハイ」にしてみたり、何でもかんでも訳してみたり、悪ふざけに拍車がかかっているようにも見えますね。

今回の商品では商品名が長いあたり、略語を採用しても問題ない気がしますが、注文する側としては若干発音的に恥ずかしさも感じられます笑

僕の場合ははっきりと「ダブダブチ」と注文を入れました。

初回からこの一言を言ってやりました。

考えてみると、マックの商品で5文字の商品は現状ほとんどありません。
発音としてもこれだけ濁音を織り交ぜてある発音の商品がないことを考えてみると、むしろ逆にこの名前で注文するほうが定員としても楽なのではないと思われます。

ダブダブチの味と感想

さて、それでは中身を見てみます。

パッケージには力が入っています。
これでもかと文字が埋め込まれていますね。

中身はどこかで見たことがある感じです。
メガマッk・・

見た目ではわからなかったですが、重量はかなりもの。重いです。
バーキンよりは劣りますが、間違いなくボリュームはあります。

断面を様子はこんな感じ。
肉自体の厚さは3センチ程度ですが、実際に目の当たりにするとまさに「肉の壁」って感じです。

食べてみた感想(レビュー)ですが、想像以上に肉の主張が強くて、チーズが完全に押し負けている感じ。
本当に肉主体のバーガーって感じです。なんかあれに似ていますね、メガmっ・・

あと、思っていたよりは食べ辛くなかったです。食べやすさでは圧倒的にマクドナルドの方が他のバーガーを圧倒しています。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク