MacBook Airが2018年後半から13インチMacBookに置き換わる可能性

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

13インチの新型MacBookが今年後半に発売との情報が入っていますが、その際に今あるMacBook Airが消えてします可能性が示唆されています。
dailymail.co.uk

Appleで発売されている現状のMacBookシリーズはMacBook12インチ、MacBook Air13インチ、Pro13、15インチとそのRetinaディスプレイの6種類ですが、これに新たに13インチの新型MacBookが加わるとの情報があります。

現在、店頭にあるMacBook Airは2008年から続いているロングセラー商品で、アップデートこそされているものの、大きな変化もなく停滞状態にあると言われており、多くの情報サイトの予想ではこの新たなMacBookと置き換わる、すなわちMacBook Airの生産が終了する可能性があるとの見方が出ています。

台湾のメディアDigiTimesは業界筋の話として、台湾のタッチパネルメーカGeneral Interface Solutionが、2018年後半に発売されるエントリーレベルの13インチMacBookの液晶モジュールの生産を受注したと伝えています。
softantenna.comより

ついこないだMacBook Airを買ったばかりの僕としてはなんとも言えない気持ちです。

外出先でブログ更新するために新型MacBook Airを購入したら予想以上に役立った話
個人的な話になりますが、地元長崎に長期滞在することになったので、ブログ用のノートPC「MacBook Air」を購入することになりました。 ...

製品自体は10年前から言っているように軽くて薄くて、かなり使い勝手が良いPCとして個人的には気に入っています。
ただし、現在のMacBookシリーズは全ての機種で軽量化や機能面のグレードアップがされていて、他のものでもAirと遜色ない仕上がりになっっていることも事実です。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。