仮想通貨IOTAにハッキング被害、計400万ドル(約4億円)相当が盗まれる

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

複数のIOTAユーザーのウォレットが19日夜、ハッキング被害にあい、計400万ドル(約4億円)相当のIOTAが盗難にあったと一部メディアが報じている。
MONEY VOICE

今回のハッキングはIOTA専用ウォレットから被害が上がっているようです。

IOTAのウォレットはユーザーが独自に「シード」と呼ばれる秘密鍵を生成する必要がありますが、この際に専用の生成ツール「iotaseed.io」などのオンラインジェネレーターを利用してシードを生成します。

ハッカーはこのツールにハッキング、IOTAフルノードにDDoS攻撃を仕掛けて情報を抜き取ったものと思われます。
news.bitcoin.com

IOTAは従来のブロックチェーンとは違うDAGの技術を利用した「Tangle」という仕組みを採用しています。
現在の仮想通貨の時価総額ランキングでも、上位の方に入っており、最近急激に知名度を上げた仮想通貨の一つでもあります。

IOTAに関しての詳細は過去記事を参考にしてください。

気づかないうちにパッと出てきた謎の仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?
度々仮想通貨のランキングをチラっと見るときがあるんですけど、最近になって、いきなりかなり上位の方に謎の仮想通貨?があることに気づきました。 ...

この技術のおかげでDDoS攻撃に対しても高い耐性がありますし、量子コンピュータに対しても効果的な仕組みを実装しています。

今回の件ではIOTA本体のセキュリティーや技術に問題があったわけではなく、オンラインジェネレーター自体の脆弱性をついたものです。とはいえ、このことでIOTAの評価が少なからず下がることは避けられないようですね。


僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク