Ethereum Classic(イーサリアムクラシック:ETC)がエアドロップ、新たな通貨Callisto(CLO)とは?

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

Ethereumからハードフォーク(分岐)した仮想通貨Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)からまた新たに新しい通貨が誕生する可能性があるとの情報が入りました。

期間は2018年3月ごろで、Ethereum Classic開発チームから正式にCallisto Network Projectによる新仮想通貨が誕生します。またこれに際して、ETC保有者には1:1 の割合でCLOエアドロップをもたらします。
cryptovest.com

Twitterでもこのことに関しての情報が記載されていますね。

スポンサーリンク

ハードフォークの新通貨Callisto(カリスト:CLO)とは

今回Ethereum Classicの開発陣によって誕生すると言われているこのプロジェクトはETCブロック5500000でエアドロップが予定されています。配布比率は1:1。
いつ配布されるかは正確には断言できませんが、時期としてはだいたい2018年3月の頭ごろです。

ハードフォークとの話もありますが、正確には違います。
新たに別のブロックチェーンを用意するので分岐するわけでもありません。記事によってはハードフォークと勘違いされているものもありますが、新しく独自のブロックチェーンが誕生するだけであって、それに伴ってETC保持者にエアドロップが実施されるという形です。

独自の暗号化(CLO​​)を備えた、Ethereumプロトコルに基づいた独立したブロックチェーンであり、ネットワーク参加者(コインホルダー)に報酬を与えるCold staking protocol(コールドステーキングプロトコル)というものを導入しています。

この方法では、従来のPoWでのマイニング報酬のほか、ホールド(所持)状態でもインセンティブが与えられるシステムを採用しています。

これによって従来のガバナンスシステムに安定をもたらし、PoWマイナーへの偏りを防ぐ結果を期待できるそうです。
参考記事kryptomoney.com

Ethereum Classicのサイドチェーンとして、スケーラビリティの向上も望めるそうで、Ethereum ClassicとCallistoで互いに支え合う形になるみたいです。また話によると、プロトコルのテスト的な感じで作られたとのことらしいです。

正式に誕生すれば後日詳細な記事をあげたいと思います。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク