ドイツとフランスがG20会合で「ビットコイン規制」共同提案

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

3月にアルゼンチンで開かれる主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議での議題として、仮想通貨「ビットコイン」の規制を上げているそうです。

これは18日に独仏の関係閣僚がパリで共同記者会見して明らかにしています。
ルメール仏経済・財務相は「われわれは同様の懸念をいだいており、ビットコインを規制したいという考えを共有している」と述べています。
huffingtonpost.jp

G20(ジートゥエンティ)の構成は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツなどの先進国から始まり、実際に仮想通貨の規制を実施している中国、韓国なども入っています。もしこの議題で規制案が通れば、ヨーロッパも含む世界規模での規制が実行されることになるでしょう。

一方で日本では国(金融庁)によって仮想通貨の法案が整備され始めていますが、今の時点では国内での大きな規制はないようです。

個人的には今後も国内では大規模な規制はないとは思っていますが、他の国での規制が大きく重荷として押しかかってくることは間違いないでしょう。

ビットコインのチャートはこの数日間の規制ラッシュで大きく暴落していますが、その後は反発して少し戻っています。
とはいえ、まだ下落トレンドの真っ最中のため、しばらくは不安定な状態が続くと思われます。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク