YouTubeパートナープログラムの参加基準が変更、必要条件が厳しくなる

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

YouTubeで稼ぐには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」を満たす必要あり、とパートナープログラム変更。
news.livedoor

ユーチューバーの方はお世話になっているであろう動画収益化サービス「YouTubeパートナープログラム(YPP)」。
この同プログラムへの参加基準が、2018年2月20日から新しく変更されることになりました。

変更内容は以下のとおり

従来:
チャンネルで公開している動画の合計視聴回数が10,000回以上
ポリシー、利用規約等の審査によって判定
改定後:
過去 12 か月間の総再生時間が4,000時間以上
チャンネル登録者数が1,000人以上
ポリシー、利用規約等の審査によって判定

support.google.comより

今回の改定の背景には、先日、世界中で大炎上したYouTuberローガン・ポール氏の騒動が原因の一つとしてあげられています。

ポール氏は1月1日、「日本の自殺の森で死体を発見」というタイトルで動画を投稿して、YouTubeからの提携を解除されています。
この際はYouTubeの対応の遅さにも批判があったとのことから、今回の対応に移ったものと思われます。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク