歯科医療にブロックチェーンを導入する仮想通貨Dentacoin(デンタコイン:DCN)とは? 特徴や将来性、チャートなど

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

Dentacoinってちょっと前にどこかで聞いたことあるような気がしますが、多分似たような名前のものだと思ってます。
今回は急激に上位に上がったこの通貨について勉強してみます。

スポンサーリンク

Dentacoinの基本情報

通貨名(通貨単位):Dentacoin(DCN)
最大供給量:8,000,000,000,000 DCN
システム(アルゴリズム):イーサリアム、ERC20
公開日:2017年2月15日
公式:Dentacoin

Dentacoinは、世界の歯科医療産業向けに設計された最初のブロックチェーンコンセプトです。 Dentacoin ERC20トークンは、すべての個人がグローバルに使用するように構成されています。 Dentacoinは、世界中の歯科医療を改善し、群衆の力でそれを手頃な価格にすることを目指しています。 数多くのブロックチェーンベースのツールが開発され、実装されます。

現在(2018年1月14日)の仮想通貨ランキングで39位。
価格は1DCN = 0.45円くらいです。

これはブロックチェーンを使用することで

国境を越える医療機器の提供が可能になる
治療内容を透明化して、医師の評価を正しいものにする
医療記録を不正なく世界中で分散して管理できる

など、様々な恩恵を受けることができる(運用せれれば)画期的な方法です。

Trusted Review Platform(信頼できるレビュー)

患者が声を上げ、世界の歯科産業に影響を及ぼすことを可能にする、信頼できる歯科治療レビューのための最初のブロックチェーンベースのプラットフォーム。

患者は各歯科医の評価とレビューを行い、それは透明なブロックチェーン上に保存されます。

ブロックチェーン上にあるデータは外部からの不正な操作ができません。
スマートコントラクトによって、価値ある市場調査として保存され、すべてのレビューに報酬が与えられます。

もらった報酬は、パートナーの歯科医/診療所に対して治療の一部として支払うことができます。

Dental Assurance Concept(歯科保証のコンセプト)

自分の健康に対する責任が共有され、歯科医と患者の間で利益が釣り合っている画期的なブロックチェーンベースの歯科保険コンセプト。

スマートコントラクトを締結することにより、歯科医と患者の両方が執行義務を負うことになり、お互いの目的が完了すると両当事者はスマートコントラクトの恩恵を受けることになります。

これらの契約は「Super smart contracts」の一部となります。
そして、これは歯科医師の破産または死亡の場合に患者が補償されることを保証します。

Healthcare Database(ヘルスケアデータベース)

このデータベースによって、すべてのヘルスケアのプロバイダで生涯にわたって医療記録を共有できる可能性があります。

利点として、患者と記録の間に別の組織が介入することを防げること。
ブロックチェーンは誰かが独占できるシステムではありません。

また、タイムスタンプ付きのプログラム制御元帳(原簿)によって効率良く制御ができます。

Aftercare Mobile app(アフターケアモバイルアプリ)

Dentacare Mobileアプリは、魅力的なゲームのような環境で集中的な3ヶ月のプログラムを通して長続きする歯科ケアの習慣を形成することを目指しています。

リマインダ、通知、音声ナビゲーション、チュートリアルを通して、ユーザーは歯科衛生を改善し、健康な習慣をつくる方法を学べます。

これによって持続可能な口腔健康習慣を形成することが可能になっています。

DentaVox

これはアンケートや報酬を通じて最新の市場調査データとして機能する、集合的な顧客の知恵のための教育用ウェブアプリケーションです。

歯科医はこの貴重な情報にアクセスし、改善するためにこの「知恵」を適用することができます。

Trading Platform(取引プラットフォーム)

世界中のデンタコイン(DCN)との取引によって、低コストで透明な医療関係機器の販売が可能になります。

これは歯科医療製品、歯科用材料および機器を提供するための分散型取引プラットフォームで、製造業者、歯科医および患者に直接接続されます。 これによって無駄なサプライチェーンがなく、国際的な取引コストも安くなります。

Dentacoinの将来性

これはイーサリアムをそのまま医療に応用するだけでも十分だと個人的には思ってますが、それ専用のプラットフォーム(仮想通貨)にすることに意味があるのだと思います。

主な活動としては

2017年10月にはドイツの医療メーカー「CruisAIDer(クルセイダー)」に採用され、歯科用医療機器の支払いに使われたこと。coinvedi.com
2017年11月2日にはインドのプネーにある診療所「Dentech Dental Care」でDentacchinを支払い手段として受け入れてたこと。blog.dentacoin.com
一番新しいものでは、ニューヨークの歯科診療チェーン「LifDental」をパートナーネットワークに迎え入れたことが公式で発表されています。
blog.dentacoin.com

こうやってみると、細かな部分ばっかりですが、幅広く活動しているようですね。

一方チャートでみると、2018年1月4日から一気に値段が上がってますね。
ちょっと原因がよくわからないんですが、草コインにはよくある光景です。

この極端な上がり方ではなんとも言えないですが、このまま時価総額ランクで上位に固定されれば今後安定して上がってくかもしれません。とりあえず様子見ですね。

Dentacoinの購入方法

海外の取引所
Hitbtc
Coinexchange
など、まだ大手には採用されていないようです。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク