任天堂がコロプラ「白猫プロジェクト」提訴 特許侵害と44億円請求

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

コロプラは1月10日、任天堂が同社に対し、スマートフォン向けゲーム「白猫プロジェクト」の配信差し止めと損害賠償44億円の支払いを求めて東京地裁に提訴したと発表した。
sankei.com

提訴は2017年12月22日付で、コロプラ側の説明によると、15年9月に任天堂から特許侵害の指摘を受けたということです。

「1年以上にわたり時間をかけて真摯かつ丁寧に、任天堂の特許権を侵害しないことを説明したが、当社の考えが任天堂に受け入れられるには及ばず、訴訟を提起されるに至った」とのこと。

正式な訴えの内容は
「特許権侵害に基づく損害賠償請求 特許権侵害に基づく弊社アプリ「白猫プロジェクト」の生産、使用、電気通信回線を通じた提供等の差 止請求等」
となってます。

差止請求の対象アプリは白猫プロジェクト。

損害賠償請求はなんと44億円以上にのぼります。
当社に対する訴訟の提起に関するお知らせより

話から見るに、1年前からすでにそういう話があったということになりますね。
同社の「白猫プロジェクト」は、サービス開始から約2年後の2016年6月の時点で1億ダウンロードを達成している看板商品の一つ。

個人的にも一昔前に遊んだ経験がありますが、突然なくなってしまうことになれば、今のユーザーからかなりの反感を買うことになるでしょうね。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク