仮想通貨Lisk(リスク:LSK)が暴騰、原因はbitFlyerへの上場の噂か?

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

日本での取り扱っている数少ない仮想通貨アルトコインの中に「Lisk」というものがあります。
これは簡単にいうと、イーサリアムにサイドチェーン機能がついたものと思ってもらっていいです。

仮想通貨LISK(リスク)とイーサリアムの違いは何?
人気上位の仮想通貨では、いくらかプロジェクト内容や、仕組みが似ているような通貨が何個もありますが、今回は前々からちょっと気になってた仮想通貨...

既に国内ではCoincheckがこれを取り扱ってますが、最近になって新たに別のところへ上場するんじゃないかって話が上がってます。
それが前に話したbitflyerへの上場の話。

今回の話を聞く限り、皆さんの予想が的中すれば、一月の仮想通貨のトレンドはLiskになりそうです。

仮想通貨取引所bitFlyerに新たなアルトコインが上場、追加される見通し
1月2日より新規にTwitterを始めて、いきなりフォロワー数19,000人を突破したbitFlyer CEO 加納裕三氏が5日に重大発表を...

Twitterの告知があった日付通りにぴったり、1月5日から大きく値上がりしてますね。わかりやすっ笑

もちろん確実にbitFlyerに上場するわけではないでしょうが、どっちにしろ今後アルトコインが採用されるとあれば、間違いなくこの辺の通貨は上場するでしょうね。

既に日本で取り扱っている通貨はこの他にもありますが、中でもcoincheckで一昔前から扱ってる通貨は次々に上場している傾向にあります。

今の時点でまだcoincheckでしか扱ってないか、もしくはほとんど国内で扱ってないものは
Lisk(LSK)
Factom(FCT)
Monero(XMR)
Augur(REP)
NEM(XEM)
など

将来性が期待されているこれらの通貨も今後日本国内の取引所で普及する可能性があります。

もっとも、coincheckはまだ国内での認定として、仮想通貨交換業者登録一覧に入ってないため、今後これらの通貨がそのまま国内業者から消えゆく可能性もないわけではないですが、CMなど(例の出川さんのやつ)で頻繁に名前が出ているところを見る限り、同会社は問題なく登録まで進むつもりでいるものだと僕は思ってます。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

もしも、今後上場による値上がりが期待できる仮想通貨があるとすれば、間違いなくこの辺のものが有力候補に上がるでしょう。

海外の取引所が新規登録者の受け入れを渋る現状を考えると、もう早めにcoincheckで買っておくという選択もアリです。


僕が初心者時代から使っているアルトコインの取引所。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買った取引所はこっち。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク