気づいたら配布されてた、仮想通貨Lightning Bitcoinとは?

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

こないだ、HitBTCの取引所を見てたら知らない間にLightning Bitcoinっていうコインが入ってました。
多分フォークでできたやつだろうって思いましたが、正直全く詳細を知らなかったんで今回ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

仮想通貨Lightning Bitcoin

通貨名:Lightning Bitcoin(LBTC:ビットコインライトニング)
最大供給量:21,000,000,000 LBTC
システム(アルゴリズム):DPoS
ブロック生成:3秒
公開日:2017年12月19日
ブロック報酬半減期:4年
公式:Lightningbitcoin

Lightning Bitcoinは、Bitcoinブロックチェーンのフォークです。 Lightning Bitcoinは、2MブロックサイズのDPoSコンセンサスメカニズムを採用することで、トランザクションの速度を向上させ、分散化を促進し、スマートコントラクトをサポートします。 Lightning Bitcoinは、BitcoinとEthereumの利点を組み合わせ、より価値の高い機能的なブロックチェーンシステムを作成します。

ビットコインと同量の割合で指定の取引所で配布。

その名の通り、承認スピードが雷のように早いことが特徴のようですね。

ビットコインとの違い

名前はとってつけたような感じですが、内容を見ると結構いくらか違いがあります。

DPoS(Delegated Proof of Stake)

まず、ビットコインの特徴であるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)は採用していません。
その代わり、従来からあるProof of Stakeの発展系のアルゴリズムを採用しています。

PoS(Proof of Stake)は簡単にいうと、コインの保有量に応じて承認が決定される仕組みを持つアルゴリズム。

仮想通貨の認証方式、コンセスサスアルゴリズムの種類とその役割
仮想通貨でいうPoSとかプルーフオブなんとかとか、いろいろな認証方式があると思いますが、実際それがどうなっているのかそもそも一体なんのことな...

これに関しては過去記事を参考にしてください。

このDPoS(Delegated Proof of Stake)はそれを改良したもので、
獲得した承認権を代理人(代表者)に渡すことができるというもの。
言い方を変えると、何人かの代表者を選んで承認権を受け渡す(投票する)ということになります。

メリットは
全ての人が承認作業を行うPoSとは違い、大量の検証ノードの数を代表者に絞ることができるため、トランザクション速度を大幅に上げることができるということ。
Lightning Bitcoinの承認時間がこれほど短いのも、それのおかげがあると思います。

また、同じ仕組みを採用している通貨はほかにもあり、有名なところではARK、BitShares、Liskなどが挙げられますが、それぞれ選ばれた承認者の数やインセンティブの財源などに違いがあるようです。

Replay protection(リプレイアタック対策)

ほとんどの他のハードフォークしたビットコインにもある機能です。

これは、コンピュータネットワークにおいて、反射攻撃 (またはリプレイアタック) は、有効なデータ転送が故意または不正に繰り返し/遅延されることによる、攻撃の形式である(Wikiより)。

簡単に説明しているサイトがあるので、下に貼っておきます。
tottemoyasashiibitcoin.net

ブロックサイズ

取引の記録を保管するスペースが従来のビットコインの二倍、2Mあります。(ビットコインキャッシュの8Mと比べると少ないです)

これに加えて上記のDPoSがあるので、大量のデータを瞬時に取り扱うことができます。

スマートコントラクト

公式では「スマートコントラクトを組み込むことで、デジタル資産の発行と配布、ブロックチェーン上でのアプリケーションの構築が可能になり、LBTCは価値ある機能トークンになります。」との記載があります。

その他の機能

ビットコインで採用されているSegwitは付属してません。
また、難易度調整(difficulty adjustment)はありません。

そもそも早いので今の時点では必要ないということかもしれません。
何しろこの3S(秒)という速度は他のものとは比べ物にならないほど高速です(話が本当なら)。

また公式では、ゼロ知識証明(計画に含まれています)、クロスチェーン・アトミック・トランザクションなど、あらゆる種類のDApp開発をサポートするとの記載があります。

Lightning Bitcoinの将来性

今の所、仮想通貨ランキングにも載ってないようです。
取引所に勝手に追加されているだけって感じですね。当の取引所でもまだ取引はできないので、将来性とかは正直なんとも言えないです。

ともかくなんとも詳しく書いてないので、まだ何が何だかよくわかりません。

Lightning Bitcoinの購入方法

一部の取引所では取り扱いを開始しているようですが、実際に送金などができるかどうかは不明。
価格は現在1万円くらいのようです(2018年1月1日、yobit調べ)。


僕が初心者時代から使っているアルトコインの取引所。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買った取引所はこっち。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク