取引を安定させる仮想通貨Bancor(バンコール:BNT)とは

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

Bancorってもともとそれに近い考え方で「超国家的な通貨」とかいうのがあったらしいですね(Wikiより)。
なんか難しいですが、今回の仮想通貨はそれの関係のやつみたいですね。

スポンサーリンク

仮想通貨Bancorの基本情報

通貨名(通貨単位):Bancor(BNT)
最大供給量:80,036,199 BNT
システム(アルゴリズム):イーサリアムベース
公開日:2017年2月13日
公式サイト:bancor
ホワイトペーパー:bancor_protocol_whitepaper

Bancor Protocolは、第二次世界大戦後に国際通貨変換を体系化するために、Bancorと呼ばれる超国家通貨を導入するケインズの提案を讃えて名付けられました。
Bancorは分散型流動性ネットワークであり、任意のEthereumトークンを保持し、カウンターパーティー(取引相手)なしで、自動的に計算された価格でネットワーク内の他のトークンに簡単なWebウォレットを使用して変換することができます。

現在(2017年12月28日時点)の仮想通貨ランキングで85位。
価格は1BNT = 565円くらいです。

これは簡単に言うと、売り手と買い手の希望価格が一致しなくても売買ができる的なもののようです。
売買価格は機械が自動的に決めるというもののようですね。

仮想通貨以外のものでもそうですが、すべての取引では買い手と売り手がそれぞれ金額が一致した状態でないと取引できません。
人気が少ない商品だと、大口での参入自体ができない自体が発生するので、別のところで価格を自動決定する何かがあれば流通量が少ない商品でも買い込んだり打ったりできますよね。

これを実現するためにはReserve Token(担保)が必要になりますが、ここら辺の説明は別の記事を参考にしてください。
qiita.com

Bancor Network

この方法を採用した取引所はもう既に存在しています。
bancor.network

Bancor Protocol

「Smart Tokens」(スマートトークン)は標準のEthereum ERC20スマートコントラクトベースの独自トークンで、Bancor Protocolを実装しています。
スマートトークンは、他のトークンの残高をトークンコネクタとして保持し、自律的な変換メカニズムを持ってます。

他のスマートトークンをスマートトークンコントラクトを通じて直接購入または販売することができます。

それぞれのスマートトークンは、取引先や取引所に依存しない流動性を持ってます。
Bancorは2つのスマートトークンの間や、スマートトークンと従来のEthereumネットワークトークンとの間で、相互に交換できる特殊な仕組みを開発。

Bancorの究極のビジョンは、ユーザーが共通のコネクタを保持している状態のスマートトークンの形式で、独自のトークンとコミュニティ通貨を作成し、ネットワーク内のスマートトークンを他のものに変換できることです。

スマートトークン用スマートウォレット

Ethereumトークンをすべて保持し、新しいトークンを発見し、数学的に計算された速度で即座にネットワーク内の他のトークンに変換することができます。取引もカウンターパーティもありません。

スプレッド(手数料)なし:
非営利の自動マーケットメーカーのおかげで、同じ価格で購入して販売する
継続的な流動性:
バイヤーや売り手、取引量にかかわらずいつでも任意のトークンを変換する
カウンターパーティリスクなし:
スマートコントラクトでトークンを直接変換するので取引手順は必要ありません
登録不要:
任意のEthereumトークンをウォレット(Web3互換)経由で直接チェーン上の別のものに変換する
予測可能な価格のスリッページ(約定価格誤差のこと):
Bancorの数式にはトランザクションサイズが組み込まれており、注文書は不要なため価格は透明です
下位互換性:
既存のERC20トークンは、コード変更や手数料なしでBancor Networkに統合できます

Token Relays(トークンリレー)

トークンリレーを使用して1つのトークンを別のトークンに変換する場合は、取引所に資金を入金する必要がないため、取引相手からのリスクが取り除かれます。

Token Relaysは、合計重量100%の2つのコネクタを保持し、コネクタとして保持するスマートトークンまたは標準ERC20トークン間の変換を可能にするスマートトークンです。トークンリレーはコネクタ間の変換手段を提供するように設計されています。
詳しくは公式を参考にしてください。

ネットワークトークン

同じコネクタを使用するスマートトークンの集まりは、トークンのネットワークを形成し、それらのコネクタは「ネットワークトークン」と言われます。

仮想通貨Bancorの将来性

2017年12月28日に、スイスの次世代ブロックチェーンベースの金融取引所「trade.io」とパートナーシップを結んでいます。
その他、ブロックチェーンcryptobankであるDATARIUSなど、いろんなところとパートナーになっているようです。

チャートは、2017年10月付近から上昇に転じています。
他の仮想通貨より急激な上昇をしているわけではなく、比較的安定しているんじゃないかって思います。

仮想通貨Bancorの購入方法

海外の取引所
Bittrex
Binance
Liqui
など、有名どころではほとんど上場しています。

また、開発元の取引所でも扱ってます。
bancor.network


僕が初心者時代から使っているアルトコインの取引所。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買った取引所はこっち。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク