【みずほ】来年3月に新電子マネー「Jコイン(仮称)」実証実験へ

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

みずほフィナンシャルグループ(FG)の佐藤康博社長(65)は26日までに共同通信のインタビューに応じ、創設に向けて検討を進めている新たな電子マネー「Jコイン(仮称)」の実証実験を2018年3月にも始める計画を明らかにした。
daily

スマートフォンでQRコードを読み取り、決済する仕組みにするとのこと。
コインの換金レートは1コイン一円などの固定にする方針です。

また、コイン加盟店が負担する手数料は、クレジットカードより安く設定するとのことで、将来的にはほかのデジタル通貨や電子マネーと交換できるようにするそうです。

これは決済に現金を使わない「キャッシュレス化」を進めるのが狙いで、2020年までの実用化を目指すそうです。

以前にも似たようなもので、仮想通貨「MUFGコイン」というものが作られてます。

三菱UFJの仮想通貨「MUFGコイン」とは
三菱UFJフィナンシャル・グループが2017年度中に、独自の仮想通貨「MUFGコイン」 を一般向けに発行する方針を固めたことが3日分かった...

このMUFGコインは、三菱東京UFJ銀行が2017年5月から同行員向けに試験導入しているものです。
こっちは取引記録をP2P方式の分散データベースで管理する「ブロックチェーン」を活用していますし、いわゆるマイクロペイメントも考えているようです。

これらの電子通貨は主に紙幣の電子化を図ることがメインのようで、他の仮想通貨とは違ったビジョンがある気がします。

コインも価格固定性で仮想通貨の投資的な一面を避けてます。そういう意味ではかなり実用的ですね。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク