VR仮想空間を利用した仮想通貨Decentraland(MANA:ディセントラランド)とは? 特徴や将来性、チャートなど

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

VR仮想空間の利用は現在色々な取り組みがありますが、そこにブロックチェーンを入り入れたプロジェクトも存在します。
それが今回の仮想通貨Decentraland。

今回はこれを勉強してきます。

スポンサーリンク

仮想通貨Decentralandのkihonnjouhou

通貨名(通貨単位):Decentraland(MANA)
最大供給量:2,805,886,393 MANA
システム(アルゴリズム):イーサリアムベース、ERC20
公開日:2017年9月6日
公式:Decentraland

Decentralandは、ユーザーが所有する最初の仮想空間プラットフォームです。
VRヘッドセット、またはWebブラウザを使用して、3Dインタラクティブな世界に完全に浸ることができます。
ここでは、Ethereumブロックチェーンを通じて土地を購入し、所有権の記録を作成することができます。

現在(2017年12月26日時点)の仮想通貨ランキングで87位。
価格は1MANA = 10円です。

これは簡単に言えば、ブロックチェーンを利用したVR仮想空間の提供サービスです。

基本システム

仮想空間上の土地は、イーサリアムのスマートコントラクトに保管されています。
第三者による不正的な移転は不可能であって、本人の意思では自由に移転可能、希少なデジタル資産として扱えます。

土地の取得は、MANAというERC20トークンを費やして取得できます。
またMANAは、デジタル商品やサービスの世界内での購入にも使用できます。

トラバース可能な3D世界では、他のコンテンツとの隣接性だけでなく没入型コンポーネントも追加され、物理的なコミュニティとクラスタが可能になります。(VRであってオンラインでもある)

また、他の仮想世界やソーシャルネットワークとは異なり、Decentralandは集中化された組織によって管理されていません。

Use Cases

仮想空間上で実際に何をするかの例。

アプリケーション

Decentralandスクリプト言語は、アプリケーション、ゲーム、ギャンブル、およびダイナミック3Dシーンの開発を可能にします。
このスクリプト言語は、オブジェクトの作成、テクスチャの読み込み、物理の処理、ユーザのやりとりのエンコーディング、サウンド、支払い、外部呼び出しなど、幅広い機能を処理するように設計されています。

コンテンツの継続時間

Decentralandのユーザーは、関心のある地域の周辺に集まります。
トラフィックの多いハブの近くにいることは、他のユーザーを土地所有者のコンテンツに誘導することにつながります。

広告

各ブランドは、自社の製品、サービス、およびイベントを促進するために、交通量(ユーザー)の多いバーチャル土地区画の近くに看板を設置して宣伝する。
一部の地域は、ニューヨーク市のタイムズスクエアのバーチャル版になることがあります。
また、ブランドは商品を配置し、視聴者との交流の場を提供することができます。

デジタルグッズ

ユーザーは、作成者がブロックチェーン上で発行した珍しいデジタル資産を公開、配布、収集することができます。
他の仮想世界やオンラインフォーラムで今日起こるように、これらのデジタル資産はスクリプトシステムを通じてこの世界の中で取引されます。

ソーシャル

現在オンラインフォーラム、チャットグループ、または他の中央集中型マルチプレイヤーゲームに集まっているグループは、コミュニティをDecentralandに移植することができます。オフラインコミュニティは、Decentralandに集まるスペースも見つけることができます。

その他の使用例

Decentralandの構築の際に技術仕様書は必要ありません。そのため、トレーニングや専門的な開発、教育、セラピー、3Dデザイン、仮想観光など、他のユースケースが出現する可能性があります。

LANDトークン

Decentralandは、仮想世界の土地区画の所有権の元帳を維持するために、Ethereumスマートコントラクトを使用します。 これらの代替不可能なデジタル資産をLANDと呼びます。各LANDには、固有の(x、y)座標、所有者、および土地所有者がそこで提供したいものをエンコードするコンテンツ記述ファイルへの参照があります。

(LANDは、Decentralandでは10m×10m四方の区画に割り当てられています。 1つのLANDは1パーセルです。)
LANDはMANAを消費して買うことができます。

開発者やその他のコンテンツ制作者は、LANDを必要とし、その上に構築してターゲットオーディエンス(広告の想定対象者)に到達することができます。 請求されていないLANDはすべて同一の為替レート(1000MANA = 1LAND)で購入することができますが、LANDパーセルは互いに区別され、潜在的には隣接関係や交通量の違いによりセカンダリ市場で異なる価格で取引されます。

一方、MANAは、LANDの新しい土地の価格を評価するプロキシとして機能します。 また、仮想世界で商品やサービスを購入するために使用されたMANAは、トークンのユーティリティ値を作成します。

アーキテクチャDecentralandプロトコル

大きく分けて3つのレイヤーで構成されています。

1)コンセンサス層:
土地所有とその内容を追跡する。

2)土地内容層:
分散型分散システムを使用してアセットをダウンロードします。

3)リアルタイムレイヤ:
ユーザーの世界視聴者が互いに接続できるようにする。

コンセンサス層

Decentralandは、仮想世界の土地区画の所有権の元帳を維持するために、Ethereumスマートコントラクトを使用します。

コンテンツ配信レイヤー

分散ストレージシステムを使用して、世界をレンダリングするために必要なコンテンツを配布します。
中央サーバーという概念がないので、コンテンツがある限り仮想空間は存在します。

リアルタイムレイヤー

クライアントは、土地所有者または第三者が主催するサーバーの助けを借りてP2P(ピアツーピア)接続を確立することによって、互いに通信します。

支払いチャネル

ハブアンドスポーク型(業務システム同士の接続を仲介するシステムのこと)決済チャネルネットワークにより、実現可能な高速かつ低コストのトランザクションが可能になります。

アイデンティティ・システム

分散型アイデンティティシステムを使用して、ワールド内のアイテムに対して所有権の階層を作成できます。このシステムでは、公開鍵と署名を人間が読める名前にリンクすることによって、ユーザが著者の同意を容易に検証できるようにする必要があります。

Decentralandの将来性

まとめると、
イーサリアムブロックチェーンを通じて、プラットフォーム上のトークンで土地の売買。
その土地では様々なコンテンツ、サービスを提供できるプロジェクト。

11月15日からは、Decentralandの世界の土地をオークションで購入できるイベントを開催。
「プラザ」と呼ばれる公共の場所や道路に面した土地はかなり高額な入札が行われているそうで、中には500ドルを超えるものもあるそうです。
イベントサイト(要MetaMask)

チャートはまだ形ができていないのか、ばらつきが大きいです。
将来VR業界がどうなるかちょっと僕はわからないので、なんとも言えないですが、仮想空間の土地?はもうすでに高値で取引されているようなので、何らかの期待はされているみたいです。

Decentralandの購入方法

海外の取引所
Binance
Bittrex
Liqui
など。

大型取引所にも上場しているので、期待度は高いと思われます。


取引所で買うのがめんどくさい場合は両替所を使うとだいたい15分前後で欲しいコインが手に入ります♪

僕がMONAコインとかNEMとか大量に買ったオススメの取引所。

公式ハードウェアウォレットの販売所はこちら。 Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク