iPhoneの性能を意図的に下げていた件でAppleが集団訴訟される事態に

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

バッテリーの劣化による不意のシャットダウンを防ぐため、Appleが古いiPhoneの性能を意図的に下げていた問題で、米ニュースサイト「Chicago Sun-Times(シカゴ・サンタイムズ)」によると、イリノイ州、オハイオ州、インディアナ州、そしてノースカロライナ州に住む5名のiPhoneユーザーがAppleに対して訴訟を起こしました。
news.yahoo

iphoneのバッテリーが古くなるほど、本体自体のピーク性能によってシステムがダウンするとのことで、アップルが意図的にiphoneの性能をバッテリーの劣化に合わせて抑え込んでいた件。

古いiPhoneの性能を下げていることをAppleが認める(理由はシャットダウンを防ぐため)
iPhone 6sのバッテリーを新調したらパフォーマンスが上がったという海外掲示板Redditの記事が注目を集めた。 ベンチマークソフトG...

理由はともかく、この仕組みを公表していなかったことから、一部のユーザーから反感を買っています。


バッテリーを変えることで性能を戻すことが可能なら、わざわざ新品のiphoneを買う必要がないということで、「iPhone 8」より前のモデルを利用している人たちから訴えられているようです。

公表しないことで、「バッテリーの交換」という選択肢を意図的に隠しているという見方が出ているみたいですね。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク