スイス銀行Swissquoteが4種類のアルトコインを取引プラットフォームに追加

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

12月18日(月)、スイス銀行グループSwissquoteが4種類のアルトコインを自身のオンライン取引プラットフォームに追加したことを発表しました。
ccn.com

Swissquote、取引プラットフォームに4つのAltcoinsを追加
月曜日、スイスの銀行グループは、オンライン取引プラットフォームに4つのaltcoin(アルトコイン)を追加したと発表しました。

SwissQUoteの顧客は現在、メインのBitcoinに加えて、ETH(イーサリアム:ethereum)、BCH(ビットコインキャッシュ:bitcoin cash)、LTC(ライトコイン:litecoin)、XRP(リップル:ripple)をユーロと米ドルの取引ペアとして取引することができます。銀行は、消費者の需要と流動性の両方に基づいて、これらの4種類のaltcoinを選択したと述べています。

Swissquoteは今年初め、仮想通貨取引所Bitstampと提携して、銀行の顧客がユーロと米ドルに対してビットコインを取引できるようにしています。
同社は、サービスの需要が期待を上回ったと語っているそうです。

「Bitcoinの取引提案と証明書は大きな成功を収め、私たちの期待を上回りました。暗号通貨は何よりも急速に普及しています。私たちのプラットフォーム上でそれらを提供することにより、仮想通貨への投資は、より簡単で、より安全になり、すべての人がアクセスできるようになります。」
SwissquoteのCEO、MarcBürki氏は、投資家が従来の証券のように投資家の多様化を支援する提案を拡大している、と述べています。

いよいよ仮想通貨が大手銀行にも進出していってますね。
先日は、米国の2つの取引所でビットコインの先物取引も開始され、ただのブームとはいかないレベルまで達していることは事実です。
しかし、ほとんどの主流銀行は、仮想通貨に直接関与することを躊躇しており、一部の金融機関はマネーロンダリング規制に対する懸念から、ビットコイン取引を含む暗号化関連の企業を引き続き警戒しているようです。

ところで、ビットコインキャッシュが一覧に入ってますね。
つまり他のハードフォークとは違うものとして考えられているということでしょうか。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク