LINEに「送信取消」機能が実装、これで誤爆が防止できる

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

LINEは13日、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」で、24時間以内に誤送信したメッセージを取り消すことができる「送信取消」機能の提供を開始した。
news.biglobe

今回新たに実装された新機能は「送信取消」

送る相手を間違えたメッセージやスタンプなどを24時間以内の期限付きで取り消しができます。

①取り消し方法は、消したいトークを長押し
②「送信取消」のメニューを選択

これは通常の「削除」とは違い、送信者と送信相手の端末両方から対象メッセージを取り消すことができます。
ちなみに取り消した後は、取り消したという内容が送信者と送信相手のトークルーム上に表示されます。

このように取り消した形跡は残ります。
(相手には送信者の名前も表示される模様)

また、スマートフォン自体に届く通知メッセージも取り消すことができません。

対応バージョン7.18.0までアップデートすること。

取り消し可能なメッセージは、
24時間以内に送信したテキストから、スタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴まで。

既読・未読両方のメッセージが対象となります。

グループトーク、複数人トーク対応で、デスクトップ版でも利用可能。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク